ネットワーク保護

パーソナルファイアウォールによって、システムで送受信されるすべてのネットワークトラフィックが検査され、フィルタリングルールに基づいて個々のネットワーク接続が許可または拒否されます。パーソナルファイアウォールを使用することで、リモートコンピューターによる攻撃から保護したり、一部のサービスをブロックしたりすることができます。また、HTTP、POP3、およびIMAP プロトコルについてウイルスからの保護を実現することもできます。この機能は、コンピューターのセキュリティにおける非常に重要な要素です。

パーソナルファイアウォールの設定は、[設定]ぺインで[ネットワーク保護]をクリックすると表示されます。ここでは、フィルタリングモード、ルール、および詳細設定を調整することができます。また、詳細設定にアクセスするには、パーソナルファイアウォールの横の歯車GEAR > [設定]をクリックするか、F5キーを押して詳細設定を表示します。

PAGE_EPFW_MAIN_SETTINGS

パーソナルファイアウォールの横の歯車GEARをクリックすると、次の設定が表示されます。

設定... - 詳細設定でパーソナルファイアウォールウィンドウを開きます。ここでは、ファイアウォールでネットワーク通信を処理する方法を定義できます。

ファイアウォールを一時停止(すべてのトラフィックを許可) - すべてのネットワークトラフィックをブロックするオプションの逆です。このオプションを選択すると、パーソナルファイアウォールのすべてのフィルタリングオプションが無効になり、すべての着信および発信が許可されます。ネットワークトラフィックフィルタリングがこのモードのときに、[ファイアウォールを有効にする]をクリックして、ファイアウォールを再有効化します。

すべてのトラフィックをブロック - すべての内向きおよび外向きの通信は、パーソナルファイアウォールによってブロックされます。このオプションは、セキュリティ上の重大なリスクの疑いがあってシステムをネットワークから切断する必要がある場合にのみ使用してください。ネットワークトラフィックフィルタリングがすべてのトラフィックをブロックモードのときに、[すべてのトラフィックのブロックを停止]をクリックすると、ファイアウォールを標準の動作に復元します。

ルール付き自動モード - (別のフィルタリングモードが有効な場合) - クリックすると、フィルタリングモードを自動フィルタリングモードに変更します(ユーザー定義ルールを使用)。

対話モード - (別のフィルタリングモードが有効な場合) - クリックすると、フィルタリングモードを対話フィルタリングモードに変更します。

ネットワーク攻撃保護(IDS) - ネットワークトラフィックの内容を分析し、ネットワーク攻撃から保護します。有害だと見なされるすべてのトラフィックはブロックされます。

ボットネット保護 - システム上のマルウェアを迅速かつ正確に特定します。

接続されたネットワーク - ネットワークアダプタが接続されているネットワークを表示します。ネットワーク名の下のリンクをクリックした後、ネットワークアダプタ経由で接続しているネットワークの保護タイプ(徹底的な保護モードか、許容モード)を選択するように指示されます。 - この設定は、お使いのコンピュータをネットワーク上の他のコンピュータからどれだけアクセスしやすくするかを設定します。

一時IPアドレスブラックリスト - 攻撃の元であると検出され、一定の時間、接続をブロックするためにブラックリストに追加されたIPアドレスの一覧を表示します。詳細については、このオプションをクリックしてからF1キーを押してください。

トラブルシューティングウィザード - ESETパーソナルファイアウォールが原因の接続の問題を解決できます。詳細については、「トラブルシューティングウィザード」を参照してください。