新しいネットワークが検出されました

新しいネットワークへの接続が検出されると、ユーザーは保護のレベルを選択することができます。この設定は、指定したネットワークから全てのリモートコンピュータへの接続に適用されます。使用可能な保護レベルは次の2つです。

パブリックネットワーク - システムのファイルやフォルダを共有せず、他のネットワークユーザーが参照できないようにする場合、このオプションを有効にします。このオプションは、無線接続のユーザーにお勧めします。リソースの共有が無効になります。
自宅または職場ネットワーク - 他のネットワークユーザーがこのコンピュータを参照でき、リモート側がそのリソースにアクセスすることができます。共有は有効です。ローカルネットワークのコンピュータにお勧めします。

DIALOG_EPFW_TRUSTED_ZONE

信頼ゾーン設定ウィドウの自動表示を無効にするには、[新しいネットワークを自動的にパブリックに設定]の横のチェックボックスをオンにするか、[詳細設定] > [パーソナルファイアウォール] > [既知のネットワーク]の下の[新しいネットワークの保護タイプを確認しない...]をオンにします。新しいサブネットが検出されるたびに、自動的にパブリックに設定されます。