認証サーバの設定

HLPPFW_ZONE_CONF_TRUSTCHECK_CLIENTSET_2

認証サーバを設定するには、サーバ名(DNS、NetBios名、またはIPアドレスの形式)、サーバのポート、およびサーバの秘密鍵に対応する公開鍵を指定します。サーバ名に続いて、サーバ上のファイルの場所を指定するパスを入力できます(例: <サーバ名>/directory1/directory2/authentication)。サーバが正常に機能しなくなった場合のために、代替サーバとして機能するよう追加のサーバを定義できます(各エントリをセミコロンで区切ります)。設定をテストするには、[テスト]ボタンをクリックします。

ゾーン認証の一般的な原則については、ここを参照してください。