アップデートの設定

アップデートの設定オプションは、[アップデート] > [基本]の下の[詳細設定]ツリー(F5キー)から使用できます。このセクションでは、アップデートサーバやそれらのサーバの認証データなど、アップデートファイルの送信元の情報を指定します。

icon_section 一般

現在使用中のアップデートプロファイルは、[選択したプロファイル]ドロップダウンメニューに表示されます。新しいプロファイルを作成するには、[プロファイルのリスト]の横の[編集]をクリックし、[プロファイル名]フィールドに自分の名前を入力して、[追加]をクリックします。

ウイルス定義データベースアップデートを試行するときに問題が発生した場合は、[クリア]をクリックして、一時アップデートファイルとキャッシュを消去します。

ロールバック

ウイルスデータベース/プログラムモジュールの新規アップデートが不安定であったり破損している疑いのある場合、前のバージョンにロールバックし、設定した期間中のアップデートを無効にできます。あるいは、無期限に延期した場合、前に無効にしたアップデートを有効にすることもできます。

ESET Smart Securityは、ロールバック機能を使用するため、ウイルス定義データベースとプログラムモジュールのスナップショットを記録します。ウイルスデータベースのスナップショットを作成するには、[アップデートファイルのスナップショットを作成する]チェックボックスを有効にしておきます。[ローカルに保存するスナップショットの数]フィールドにより、保存されている以前のウイルスデータベーススナップショットの数が定義されます。

[ロールバック]([詳細設定] (F5) > [アップデート] > [全般])をクリックする場合、ウイルス定義データベースおよびプログラムモジュールアップデートを休止する期間を指定する時間間隔をドロップダウンメニューから選択する必要があります。

CONFIG_UPDATE_SOURCE

アップデートファイルを正しくダウンロードするには、全てのアップデートパラメータを正しく入力することが重要です。ファイアウォールを使用している場合は、ESETプログラムがインターネットとの通信(HTTP通信)を許可されていることを確認してください。

icon_section 基本

既定では、[アップデートの種類][定期アップデート]に設定され、最低限のネットワークトラフィックでアップデートファイルがESETサーバーから自動的にダウンロードされます。テストモードのアップデート([テストモード]オプション)は、徹底的な内部テストを経てリリースされ、近いうちに一般に公開されるアップデートです。テストモードを有効にすることで、最新の保護機能や修正プログラムを利用することができます。ただし、テストモードは常に安定しているとは限りません。最大限の可用性と安定性が必要な実働サーバーやワークステーションでは決して使用しないでください。

成功したアップデートについての通知を無効にする - 画面の右下にあるシステムトレイ通知が無効になります。全画面のアプリケーションまたはゲームが実行されている場合、このオプションを選択すると便利です。ゲームモードではすべての通知がオフになることに注意してください。