スタートアップ検査の設定

既定では、システムの起動時およびウイルス定義データベースのアップデート時に自動起動ファイルの検査が実行されます。この検査は、スケジューラの設定およびタスクに依存します。

スタートアップ検査の設定は、[システムのスタートアップファイルのチェック]のスケジューラタスクに含まれます。設定を修正するには、[ツール]  > その他のツール > [スケジューラ]と移動し、[自動スタートアップファイルのチェック][編集...]の順にクリックします。最後のステップでは、[自動スタートアップファイルのチェック]ウィンドウが表示されます(詳細については、次の章を参照してください)。

スケジューラタスクの作成と管理の詳細については、「新しいタスクの作成」を参照してください。