電子メール通知

ESET Smart Securityは、選択されている詳細レベルのイベントの発生時に、自動的に通知メールを送信できます。[イベント通知をメールで送信する]をオンにして、電子メール通知を有効にします。

CONFIG_NOTICE

SMTPサーバー

SMTPサーバー - 通知を送信するために使用されるSMTPサーバー(例:smtp.provider.com:587、事前定義されたポートは25)。

注意: TLS暗号化機能を備えたSMTPサーバーは、ESET Smart Securityでサポートされます。

ユーザー名パスワード - SMTPサーバーで認証を要求する場合、有効なユーザー名とパスワードをフィールドに入力して、SMTPサーバへのアクセスを許可する必要があります。

送信者アドレス - 通知メールのヘッダーに表示される送信者アドレスをこのフィールドに指定します。

受信者アドレス - 通知メールのヘッダーに表示される受信者アドレスをこのフィールドに指定します。

[通知の最低レベル]ドロップダウンメニューで、送信する通知の開始重要度を選択できます。

診断 - プログラムおよび上記のすべてのレコードを微調整するのに必要な情報をログに記録します。
情報 - 標準以外のネットワークイベントなどのアップデートの成功メッセージを含むすべての情報メッセージと上記のすべてのレコードを記録します。
警告- 重大なエラーと警告メッセージを記録します(アンチステルスが正しく実行されていないか、アップデートが失敗しました)。
エラー - エラー(ドキュメント保護が起動していません)や重大なエラーを記録します。
重大 - 重大なエラー(ウイルス対策機能の開始エラーや感染したシステム)のみを記録します。

TLSを有効にする - TLS暗号化でサポートされる警告と通知メッセージの送信を有効にします。

新しい通知メールが送信される間隔(分)- 新しい通知が電子メールに送信されるまでの間隔(分)。この値を0に設定すると、通知がただちに送信されます。

各通知を別のメールで送信- 有効にすると、受信者は、各個別の通知に関する新しい電子メールを受信します。このため、短期間で大量の電子メールを受信する場合があります。

メッセージの書式

イベントメッセージの書式 - リモートコンピューターで表示されるイベントメッセージの形式。

脅威警告メッセージの書式 - 脅威警告と通知メッセージには定義済みの既定の形式があります。この書式は変更しないようお勧めします。ただし、状況によっては(自動メール処理システムを使用している場合など)、メッセージの書式を変更しなければならないことがあります。

各地域のアルファベット文字を使用 - Windowsの地域の設定に基づいて、電子メールメッセージをANSI文字エンコーディング(たとえばwindows-1250)に変換します。この選択を解除したままの場合、メッセージは変換されてACSII 7ビット(たとえば"á"は"a"に変換され、不明な記号は"?"に変換されます)でエンコードされます。

Use local character encoding - 電子メールメッセージのソースはQuoted-printable (QP)書式でエンコードされます。この書式は、ASCII文字を使用し、特殊な各国語文字を8ビット書式(áéíóú)の電子メールで正確に送信できます。