デバイスグループ

MONITOR_REDコンピューターに接続されたデバイスは、セキュリティリスクになる可能性があります。

デバイスグループウィンドウは、2つの部分に分かれます。ウィンドウの右側には、該当するグループに属するデバイスが一覧表示されます。ウィンドウの左側には、作成されたグループが表示されます。右側のペインに表示するデバイスの一覧とグループを選択します。

デバイスグループウィンドウを開き、グループを選択すると、一覧からデバイスを追加または削除します。また、ファイルからインポートして、グループにデバイスを追加することもできます。あるいは、[入力]ボタンをクリックすると、コンピューターに接続されたすべてのデバイスが[検出されたデバイス]ウィンドウに一覧表示されます。入力されたリストからデバイスを選択し、[OK]をクリックしてグループに追加します。

コントロール要素

追加- ボタンをクリックしたウィンドウの部分に応じて、名前を入力してグループを追加するか、デバイスを既存のグループに追加できます(任意で、ベンダー名、モデル、シリアル番号などの詳細を指定できます)。

編集 - 選択したグループまたはデバイスのパラメータ(ベンダー、モデル、シリアル番号)の名前を変更できます。

削除 - ボタンをクリックしたウィンドウの部分によって、選択したグループまたはデバイスを削除します。

インポート - ファイルからデバイスのリストをインポートします。

[入力]ボタンを使用すると、現在接続されているすべてのデバイスの概要が表示されます。この情報には、デバイスタイプ、デバイスの製造元、モデル、シリアル番号(ある場合)などがあります。

カスタマイズが完了したら、[OK]をクリックします。変更を保存せずに[デバイスグループ]を終了する場合は、[編集]をクリックします。

ヒント: 異なるルールが適用されるさまざまなデバイスのグループを作成できます。また、読み書きまたは読み取り専用アクションがあるルールが適用されるデバイスのグループは、1つだけ作成できます。これにより、コンピューターに接続したときに、デバイスコントロールによって認識されていないデバイスがブロックされます。

デバイスのタイプによっては、適用されないアクション(権限)もあります。記憶装置タイプのデバイスの場合、4つのアクションすべてを使用できます。記憶装置以外のデバイスでは、これらのうち3つだけが適用可能です(たとえば、Bluetoothの場合、[読み取り専用]アクションは適用できないので、許可かブロックだけになります)。