プロキシサーバー

大規模なLANネットワークでは、コンピューターがプロキシサーバを介してインターネットと通信している場合があります。この構成を使用する場合は、次の設定を定義する必要があります。定義しなかった場合、プログラムは自動的にアップデートされません。ESET Smart Securityでは、[詳細設定]ツリーの2つのセクションでプロキシサーバーを設定できます。

まず、プロキシサーバーは[詳細設定]の[ツール] > [プロキシサーバー]から設定できます。プロキシサーバーをこのレベルで指定すると、ESET Smart Securityの全ての全体的なプロキシサーバー設定が指定されることになります。ここで設定するパラメータは、インターネットへの接続を必要とする全てのモジュールで使用されます。

プロキシサーバー設定をこのレベルで指定するには、[プロキシサーバーを使用する]を選択し、プロキシサーバーのアドレスを[プロキシサーバー]フィールドに入力し、プロキシサーバーの[ポート]番号を指定します。

プロキシサーバーとの通信に認証が必要な場合、[プロキシサーバーは認証が必要]をオンにし、有効なユーザ名パスワードをそれぞれのフィールドに入力します。[検出]をクリックすると、自動的にプロキシサーバーの設定が検出されて取り込まれます。Internet Explorerに指定したパラメーターがコピーされます。

注意: プロキシサーバー設定には、手動でユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

プロキシサーバー設定は詳細アップデート設定内でも定義できます([プロキシモード]ドロップダウンメニューから[プロキシサーバー経由で接続]を選択して、[詳細設定] > [アップデート] > [HTTPプロキシ])。この設定は、特定のアップデートプロファイルに適用されます。ウイルス定義アップデートをリモートロケーションから受信するノート型コンピューターをお勧めします。この設定の詳細については「詳細なアップデート設定」を参照してください。