警告と通知

message_important一般的な警告と通知の情報

検出された脅威
ウイルス定義データベースがバージョンNUMBERにアップデートされました。
アドレスがブロックされました
プロキシサーバーの起動中にエラーが発生しました。アプリケーションプロトコルの分析(HTTP、POP3、IMAP)が機能しません

[ユーザーインタフェース]の下にある[警告と通知]を使用すると、ウイルス警告メッセージやシステム通知(アップデートメッセージの成功など)をESET Smart Securityでどのように処理するかを設定することができます。また、システムトレイ通知の表示時間と透明度を設定することもできます(システムトレイ通知をサポートするシステムのみに適用されます)。

CONFIG_ALERT

警告ウィンドウ

[アラートを表示する]をオフにすると、全ての警告ウィンドウが表示されなくなります。この設定が適しているのは、特定の限られた状況のみです。ほとんどのユーザーには、既定の設定のままにすることをお勧めします(チェックボックスをオンにします)。

製品内メッセージング

マーケティングメッセージを表示する- 製品内メッセージングは、ESETニュースとその他の連絡事項をユーザーに通知するために設定されています。マーケティングメッセージを受信したくない場合は、このオプションを無効にします。

デスクトップ通知

デスクトップ通知とバルーンヒントに表示される情報は情報を提供するのみのもので、ユーザー操作は不要です。これらは、画面の右下にある通知領域に表示されます。デスクトップ通知を有効にするには、[デスクトップに通知を表示する]を選択します。

アプリケーションを全画面モードで実行中に、通知を表示しないを有効にしてすべての非インタラクティブ通知を停止します。次のように、通知の表示時間やウィンドウの透明度などの詳細なオプションを変更することができます。

[表示イベントの最低詳細レベル]ドロップダウンメニューからは、警告および通知を表示する最初の重大度レベルを選択できます。使用可能なオプションは次のとおりです。

診断 - プログラムおよび上記のすべてのレコードを微調整するのに必要な情報をログに記録します。
情報 - アップデートの成功メッセージを含むすべての情報メッセージと上記のすべてのレコードを記録します。
警告 - 重大なエラー、エラー、および警告メッセージを記録します。
エラー - 「ファイルのダウンロード中にエラーが発生しました」といったエラーや重大なエラーを記録します。
重大 - 重大なエラー(ウイルス対策機能の開始エラー 、ビルトインのファイアウォールなど)のエラーを記録します。

このセクションの最後の機能からは、マルチユーザー環境における通知の送付先を設定できます。[マルチユーザーシステムの場合、以下のユーザーの画面に通知を表示する]フィールドでは、複数のユーザーが同時に接続できるシステムで、システム通知やその他の通知を受け取るユーザーを指定します。通常は、システム管理者またはネットワーク管理者です。このオプションは、全てのシステム通知が管理者に送信される場合、ターミナルサーバーに特に便利です。

メッセージボックス

特定の時間が経過した後で自動的にポップアップウィンドウを閉じるには、[自動的にメッセージボックスを閉じる]を選択します。警告ウィンドウを手動で閉じないと、指定した時間が経過すると、ウィンドウは自動的に閉じられます。

確認メッセージ - 表示または非表示にする確認メッセージを選択できるリストが表示されます。