ライセンス管理

ESET Security Management Centerを使用すると、簡単にライセンスを管理できます。ESETビジネス製品のライセンスを購入すると、自動的にESET Security Management Centerにアクセスできるようになります。

details_hover注意

ESET Security Management Centerを使用してESETビジネス製品をアクティベーションできます。これは前のバージョンにも適用されます。

ESETが発行したユーザー名とパスワードがあり、ライセンスキーに変換する場合は、レガシーライセンス資格情報の変換を参照してください。ユーザー名とパスワードは、ライセンスキー/公開IDに置き換えられました。

ライセンスキーは、ライセンス所有者とアクティベーション自体を識別するために使用される一意の文字列です。

このセクションからオンラインでライセンスを管理するには、開く> Business Account (ESET Business Account)をクリックするか、ESET Business Account Webインターフェイスを使用します。

ライセンス管理の権限

各ユーザーにはライセンスの権限を割り当てることができます。権限は、権限設定が割り当てられている静的グループに含まれているライセンスでのみ有効です。各タイプの権限で、ユーザーは異なるアクションができます。

validation-status-icon-warning 重要

ホームグループがすべてに設定され、ホームグループのライセンスに対する書き込み権限がある管理者のみが、ライセンスを追加または削除できます。各ライセンスは公開IDで特定され、1つ以上の単位を含めることができます。ライセンスは管理者によってのみ十分な権限がある他のユーザーに配布できます。ライセンスは減らすことはできません。

Webコンソールでの作業

ESET Security Management Centerのライセンス管理セクションは、詳細 > ライセンス管理の下にあるメインメニューからアクセスすることができます。

ライセンスは公開IDによって一意に識別されます。ESET Business AccountとESMCでは、各ライセンスは公開IDライセンスタイプフラグによって識別されます。

ライセンスタイプは、有償(有償ライセンス)、体験版(体験版ライセンス)、およびNFR (非売品ライセンス)です。

フラグには、MSPビジネスコンシューマがあります。

 
icon_offline_licenseオフラインラインセンスicon_license_ownerライセンスキーまたはmn_icn_user_normalBusiness Accountカテゴリ(アクティベーション)で表示されるライセンスのリスト

右側のメインウィンドウでライセンスを選択し、play_defaultアクティベーションでライセンスを使用をクリックし、このライセンスを使用してアクティベーションタスクを実行します。

モードを使用して、選択モードを変更できます(単一または複数)。右上端の矢印をクリックして、コンテキストメニューから選択します。modes

singleselect_default 単一選択モード - 1つの項目を選択できます。

icon_multiselect_default複数選択モード - チェックボックスを使用して、複数の項目を選択できます。

update_default更新 - 表示された情報を再読み込みして、更新します。

icon_expand すべて展開 - すべての情報を表示できます。

icon_collapse すべて折りたたむ - すべての情報を非表示にできます。

list_license_type

ライセンス対象となるセキュリティ製品名

ライセンスの全体的なステータス(ライセンス有効期限が切れや使用超過、または有効期限切れや使用超過の危険がある場合、警告メッセージがここに表示されます)

このライセンスでアクティベーションできる単位数と、オフライン単位数。

ESETサーバー製品のサブ単位数(メールボックス、ゲートウェイ保護、接続)。

ライセンスの有効期限。

oサブスクリプションライセンスには有効期限がない場合があります。

所有者名連絡先

ライセンスステータスはアクティブなメニュー項目で表示されます。

icon_success - ライセンスは正常にアクティベーションされました。

validation-status-icon-error - ライセンスは登録されていないか、期限切れです。

validation-status-icon-warning オレンジ - ライセンスはすべて使用されているか、まもなく期限切れです(30日以内に期限切れ)。

 

ライセンスの同期

ESET Business Accountは自動的に1日1回同期します。ESMCのライセンス情報をただちに更新するには、[ライセンスの同期]をクリックします。

開く

開くをクリックして、ESET Business AccountまたはESET MSP Administratorポータルへのショートカットを表示します。

ライセンスまたはライセンスキーの追加

[ライセンスの追加]をクリックして、新しいライセンスを追加するのに使用する方法を選択します。

1.ESET Business Account -EBAアカウントおよびそのライセンスすべてをライセンス管理セクションに接続します。ESMCESET License Administrator、EMA、およびEMA2と後方互換性があるため、EBAの代わりにセキュリティ管理者資格情報を使用できます。

2.ライセンスキー-有効なライセンスのライセンスキーを入力して、ライセンスの追加をクリックします。ライセンスキーは、アクティブなサーバーに対して検証され、リストに追加されます。

3.オフラインライセンスファイル-ライセンスファイル(.lf)を追加して、ライセンスの追加をクリックします。ライセンスファイルが検証され、ライセンスがリストに追加されます。

 

サブスクリプションライセンス

ESMC 7は、サブスクリプションライセンスの管理をサポートします。EBAまたは製品認証キーを使用して、このようなサブスクリプションライセンスを追加できます。有効期間列のライセンス管理またはコンピューター > コンピューター詳細の下で、サブスクリプションの有効期限を確認できます。 サブスクリプションライセンスからオフラインライセンスファイルを作成することはできません。

ESET Business Account - サイトアカウント

サイトアカウントはESMC VAでサポートされません。EBAユーザーにEBAアカウントの会社アクセスで読み取りまたは書き込み権限が付与されている場合、アカウントの同期時にすべてのライセンスがインポートされます。EBAユーザーが会社アクセスアクセスなしに設定されている場合、ライセンスはインポートされません。

ライセンスの管理

ライセンスを完全に削除するには、上記リストからライセンスを選択して、[ライセンスの削除]をクリックします。このアクションの確認が要求されます。ライセンスを削除しても、製品のアクティベーションは解除されません。ESMCライセンス管理でライセンスを削除しても、ESET製品はアクティベートされたままです。

ライセンスは、次の2つのタスクを使用してESMCからESET製品に配布できます。

ソフトウェアインストールタスク

製品アクティベーションタスク

アクセスグループフィルター

アクセスグループフィルターボタンでは、ユーザーが静的グループを選択し、属するグループに応じて、表示されるオブジェクトをフィルタリングできます。

access_group

フィルターとフィルタープリセットの追加

フィルタリング条件を追加するには、フィルターの追加をクリックし、リストから項目を選択します。検索文字列をフィルターフィールドに入力します。アクティブなフィルターは青でハイライト表示されます。

フィルターをユーザープロファイルに保存し、将来再利用することができます。プリセットの下で、次のオプションを使用できます。

フィルターセット - 保存したフィルター。クリックすると適用します。適用されたフィルターは、apply_defaultチェックマークが付いています。表示される列、並べ替え、およびページ制御を含めるを選択すると、これらのパラメーターがプリセットに保存されます。

add_new_defaultフィルターセットの保存 - 現在のフィルター設定を新しいプリセットとして保存します。プリセットが保存された後は、プリセットでフィルター設定を編集できません。

edit_defaultフィルターセットの管理 - 既存のプリセットを削除または名前を変更します。保存をクリックして、プリセットの変更を適用します。

フィルター値をクリア - クリックすると、現在の値のみを選択したフィルターから削除します。保存されたプリセットは変更されません。

フィルタの削除 - クリックすると、選択したフィルターを削除します。保存されたプリセットは変更されません。

未使用のフィルターを削除 - 値がないフィルターフィールドを削除します。

light-bulb例:支店の管理者間でライセンスを共有する

3人のユーザーと管理者があり、各ユーザーには独自のホームグループがあります。

JohnSan Diego

Larry Sydney

Makio、Tokyo

 
管理者は2つのライセンスをインポートします。これらは静的グループすべてに含まれ、他のユーザーはこれらを使用できません。

licenses_3

ライセンスを別のユーザーに割り当てるには、管理者は、別のユーザーに割り当てるライセンスの横の歯車アイコンgear_iconをクリックし、move_defaultアクセスグループ > move_default移動をクリックして、ユーザーが権限を持つグループを選択します。ユーザーJohnでは、グループSan Diegoを選択します。ライセンスを使用するには、Johnは、グループSan Diegoライセンス使用権限が必要です。

ユーザーJohnがログインすると、自分のグループに移動されたライセンスのみを表示および使用できます。管理者はLarryMakioのプロセスを繰り返します。その後で、ユーザーは自分のライセンスのみを表示できます。管理者はすべて表示できます。

licenses_1