スタートアップウィザード

インストール後、スタートアップウィザードの画面のプロンプトに従います。

important

ESET Mobile Securityの権限を有効にする

このガイドは、Androidの標準設定に基づいています。権限の有効化プロセスは、デバイスの製造元によって異なる場合があります。

1.をタップし、該当する国を選択します。

2.言語をタップし、該当する言語を選択します。言語は、後からプログラムの設定で変更できます。

3.次へをタップして、エンドユーザーライセンス契約プライバシーポリシーに同意します。

4.該当する場合は、次のオプションを許可し、次へをタップします。

ESET LiveGrid©フィードバックシステムESET LiveGrid©の詳細については、詳細設定セクションを参照してください。

カスタマーエクスペリエンス改善プログラム

ESETからキャンペーン割引と製品ニュースを受信する

startup_wizard_077_1

5.ESET HOMEアカウントにログインし、モバイルデバイスをアカウントに接続してESET Mobile Securityをアクティベーションします。

arrow_down_homeGoogleで続行
arrow_down_homeAppleで続行
arrow_down_homeQRコードのスキャン
arrow_down_home電子メールで続行

ESET HOMEアカウントをお持ちではない場合、またはモバイルデバイスをESET HOMEアカウントに接続しない場合は、スキップをタップします。後からESET Mobile SecurityアプリでESET HOMEアカウントにログインできます。

このステップをスキップすることを選択した場合は、ESETライセンス登録、およびテクニカルサポートメールを受け取る電子メールアカウントを選択するように指示されます。電子メールアドレスを選択をタップし、電子メールアカウントのリストを表示します。アカウントのリストから電子メールアドレスを選択するか、[アカウントの追加]をタップして新しい電子メールアカウントをデバイスに追加します。OKをタップして続行します。アカウントをデバイスに追加せずに別の電子メールアカウントを使用するには、電子メールアドレスを選択 > キャンセルをタップします。この手順を2回繰り返します。電子メールアドレスを入力し、選択をタップすると、続行します。

6.スタートアップウィザードの最後の手順は、デバイスのAndroidバージョンによって異なります。

arrow_down_homeAndroid 5
arrow_down_homeAndroid 6-10
arrow_down_homeAndroid 11以降

important

バッテリ保護

多くのデバイスメーカーは、Android 5以降のデバイスでバッテリ保護またはバッテリ節約オプションを導入しました。この機能をオンにすると、ESET Mobile Securityのフィッシング対策機能がオフになります。この機能が搭載されているデバイスでは、例外を作成し、バッテリ節約機能がオンの間でも、ESET Mobile Securityフィッシング対策機能の動作を許可する必要があります。例外を作成するには、デバイスメーカーのマニュアルをご確認ください。