ネットワーク検査

ネットワーク検査では、ネットワークのルーターに接続されたデバイスを検査し、脆弱性を確認します。ネットワーク検査は2つのステップでネットワークを検査します。

まず、ネットワーク検査は、ネットワークの接続されたデバイスを検査します。新しいデバイスが検出された場合は、通知が表示され、デバイスに星マークが表示されます。手動でネットワークのデバイスを検索するには、ネットワークの検査をタップします。自動的にデバイスを検出することもできます。このオプションを使用するには、メニューアイコンthree_dots_menu> 設定をタップし、自動的にデバイスを検出オプションをタップします。

2番目の検査ステップでは、ネットワーク検査は、接続されたデバイスに接続し、開いているポート、弱いルーターユーザー名/パスワード、ルーターファームウェアの問題といった脆弱性を確認することで、デバイスの脆弱性をテストします。これらの脆弱性は、ルーターやルーターに接続されている他のデバイスを乗っ取るために、攻撃者によって利用される可能性があります。攻撃者によって制御されるルーターとデバイスは、ユーザーの情報を収集したり、分散サービス拒否攻撃(DDoS)などを実行したりするために使用される可能性があります。

 

ネットワーク検査は、ネットワークに接続されているデバイスの包括的な一覧を提供するため、ネットワークに接続しているユーザーに関する情報を常に把握することができます。この情報に基づき、ルーターのWebインターフェイスからネットワークに対するこれらのデバイスのアクセス権を管理または拒否することができます。。ネットワーク検査から直接、ルーターのWebインターフェイスにアクセスには、ルーターを選択し、Webインターフェイスを開くオプションをタップします。

接続されたデバイスは一覧として確認するか、視覚的に確認することができます。

list-ch-icon リストビュー - 接続されたデバイスは、標準のリストビューで表示されます。ルーターが最上位に表示され、その後にオンラインのデバイスが表示され、最後に以前に接続されたデバイスの履歴が表示されます。

sonar-cm-icon ソナービュー - デバイスは、ルーターを中心に、半円で視覚的に表示されます。中央から2番目の層には、その時点でオンラインのデバイスが表示されます。3番目の層には、以前に接続されたデバイスの履歴が表示されます。デバイス間を移動するには、矢印ボタンをタップするか、円の方向にスクロールします。

 

簡単なデバイス管理のため、カテゴリをデバイスに割り当て(スマートフォン、テレビ、ゲームコンソール、コンピューターなど)、標準のメーカー名またはIPアドレスからよりわかりやすい名前にデバイス名を変更します(例: SM-G955Fからサムの電話、192.168.1.52からジェーンのコンピューターなど)。

ネットワーク検査でデバイス名を変更するには、ネットワーク検査のデバイスアイコンをタイプし、右上の鉛筆アイコンをタップして、デバイスカテゴリを選択し、デバイスの名前を入力してから、OKをタップします。