Apache HTTPプロキシ

推奨事項

Apache HTTPプロキシが機能していますが、限定サポートに達しました。代わりにESET Bridgeを使用することをお勧めします。

プロキシ設定ファイル

LinuxおよびWindowsは、別の場所にApache設定ファイルを保存します。以下の表の標準の場所を参照してください。

OS

設定ファイル

Windows

C:\Program Files\Apache HTTP Proxy\conf\httpd.conf

Linux (Debianベース)

/etc/apache2/mods-available/proxy.conf

仮想アプライアンス(Linux)

/etc/httpd/conf.d/proxy.conf

プロキシチェーン

チェーンで動作させるには、その他のサポートされている転送プロキシを設定できます。ProxyRemote * AddressOfNextProxyをプロキシ設定に追加します。次のプロキシに接続しているすべてのプロキシには設定が必要です。

たとえば、10.1.1.2は次のプロキシのアドレスです。

 ProxyRemote * http://10.1.1.2:3128

新しい設定を適用するには、プロキシサービスを再起動します。

サードパーティプロキシ(Apache以外)

他の転送プロキシソリューションは、ESETによってサポートされていません。特定の条件では、他のプロキシが動作することはありますが、ESETは設定を提供せず、このようなシナリオのサポートも行いません。

トラブルシューティング

プロキシから詳細なログを取得するには、プロキシ設定でパラメーターLogLevel debugを変更/追加します。ログを使用して、問題を検索するか、さらなるサポートのため、ESETサポートに提出することができます。


important

エンタープライズレベル環境(数百台以上のコンピューター)でESET LiveGuard Advancedを使用するときには、HTTPプロキシを専用サーバーに展開することをお勧めします。負荷が高いサーバー(ESMCサーバーまたはデータベースなど)にHTTPプロキシサービスを実行すると、ESET LiveGuard Advanced接続の問題が発生する可能性があります。

選択したフォルダーとプロセスを除外して、送信されるファイル数を減らし、全体的なパフォーマンスを改善できます。