パフォーマンス除外

パフォーマンス除外では、ファイルとフォルダーを検査から除外できます。

すべての対象で脅威が検査されるように、絶対に必要な場合を除いては、除外を作成しないことをお勧めします。 しかし、対象を除外する必要がある場合もあります。たとえば、検査中にコンピューターの速度を低下させる恐れのある大きなデータベースエントリーや、検査と競合するソフトウェアなどです。

詳細設定(F5) > 検出エンジン > 除外 > パフォーマンス除外 > 編集で、検査から除外するファイルとフォルダーを除外のリストに追加できます。

note

注意

検出除外除外されたファイル拡張子HIPS除外、またはプロセス除外と混同しないでください。

オブジェクト(パス、脅威、またはハッシュ)を検査から除外するには、追加をクリックして、アプリケーションパスを入力するか、ツリー構造でパスを選択します。

CONFIG_EXCLUDE_PERFORMANCE

note

注意

ファイルがスキャンからの除外基準に適合すると、リアルタイムファイルシステム保護モジュールまたはコンピューターの検査モジュールはファイル内の脅威を検出しません。

コントロール要素

追加 - オブジェクトを検出対象外にします。

編集 - 選択したエントリーを編集します。

Delete – 選択したエントリを削除します(CTRLを押しながらクリックすると、複数のエントリを選択できます)。