隔離

隔離の主な機能は、感染ファイルを安全に保存することにあります。ファイルを駆除できない場合、ファイルの削除が安全でもなければ推奨もされない場合、ファイルを隔離する必要があります。ESET Internet Security

ファイルの隔離を選択するか、ドラッグアンドドロップ機能(ファイルをクリックし、マウスを押しながらマークされた領域までマウスポインターを移動し、マウスを放す)を使用して、ファイルを手動で隔離したりすることができます。その後、アプリケーションが前面に移動します。ファイルが不審な動作をし、ウイルス対策スキャナーで検出されない場合には、これをお勧めします。隔離されたファイルは、分析のためにESET研究所に送信できます。

HLPTOOLS_QUARANTINE_SUBMIT

隔離フォルダーに保存されているファイルは、隔離の日時、感染ファイルの元の場所のパス、ファイルサイズ(バイト単位)、理由("ユーザーによって追加されました"など)、およびウイルスの数(複数のマルウェアが紛れ込んだアーカイブの場合など)が表示されるテーブルで参照することができます。

ファイルの隔離

削除されたファイルは、ESET Internet Securityにより自動的に隔離されます(警告ウィンドウでユーザーがこのオプションをキャンセルしなかった場合)。 必要に応じて、[隔離...]ボタンをクリックするか、ファイルをクリックして、マウスを押しながらマークされた領域にマウスポインターを移動し、マウスを放すことで、不審なファイルを手動で隔離することができます。その後、ファイルは隔離に移動されます。この場合、元のファイルは元の場所から削除されません。 この操作にはコンテキストメニューも使用することができます。[隔離]ウィンドウ内で右クリックし、[隔離...]オプションを選択します。

隔離フォルダーからの復元

隔離されているファイルを、元の場所に復元することもできます。 そのためには、[復元]機能を使用します。この機能は、隔離ウィンドウで特定のファイルを右クリックして、コンテキストメニューから選択することができます。 ファイルに[望ましくない可能性があるアプリケーション]のマークがついている場合は、[復元および検査時に除外]オプションが有効になります。 この種のアプリケーションの詳細については、「用語集」を参照してください。 コンテキストメニューには、[復元先を指定...]オプションもあります。このオプションを使用すると、隔離される前の場所とは異なる場所にファイルを復元することができます。

隔離から削除 - 特定の項目を右クリックし、[隔離から削除]を選択するか、削除する項目を選択し、キーボードのDeleteを押します。複数の項目を選択して、一度に削除することもできます。

note

注意

害のないファイルが誤って隔離された場合は、そのファイルを復元した後で検査から除外し、ESETテクニカルサポートに送信してください。

隔離からのファイルの提出

プログラムによって検出されなかった疑わしいファイルを隔離した場合や、ファイルが(コードのヒューリスティック分析などによって)感染していると誤って評価されて隔離された場合は、そのファイルをESETのウイルスラボに送信してください。 隔離フォルダーからファイルを提出するには、ファイルを右クリックし、コンテキストメニューから[分析のためにファイルを提出]を選択します。