イベント

ESET File Security for Linux Webインターフェイスで実行される重要なアクション、Webへのログインの失敗、ターミナルから実行されるESET File Security for Linux関連のコマンド、および一部のその他の情報はイベント画面に出力されます。

各記録されるアクションには、イベントが発生した日時、コンポーネント(該当する場合)、イベント、ユーザーがあります。

ターミナルからイベントを表示する

ターミナルウィンドウからイベント画面の内容を表示するには、lslogコマンドラインツールを使用します。

Syntax: /opt/eset/efs/bin/lslog[オプション]

オプション - 短縮型

オプション - 標準型

説明

-f

--follow

新しいログを待機し、出力の最後に追加します

-o

--optimize

ログを最適化します

-c

--csv

CSV形式でログを表示します

-e

--events

イベントログのリストを出力します

-s

--scans

オンデマンド検査ログのリストを出力します

 

--with-log-name

ログ名列を表示します

 

--ods-details=log-name

ログ名で特定されたオンデマンド検査の詳細を表示します

 

--ods-detections=log-name

ログ名で特定されたオンデマンド検査の検出を表示します

 

--ods-notscanned=log-name

ログ名で特定されたオンデマンド検査の検査されていない項目を表示します

-d

--detections

検出ログレコードのリストを出力します

 

すべてのイベントログを出力する:

/opt/eset/efs/bin/lslog -e

現在のユーザーのDocumentsディレクトリのファイルにCSV形式ですべてのイベントログを保存する:

/opt/eset/efs/bin/lslog -ec > /home/$USER/Documents/eventlogs.csv