Webインタフェース

ESET Server Security for Linux WebインターフェイスのIPアドレスとポートを変更するか、Webインターフェイスが使用可能である別のアドレスを追加するには、リスニングアドレスとポートの横の編集をクリックします。追加をクリックし、適切なアドレスとポートを入力し、OKをクリックしてから、保存をクリックします。設定画面で保存をクリックします。

Webインターフェイスのパスワードを更新するには、パスワードの変更をクリックします。新しいパスワードを入力して、保存をクリックします。

新しい証明書と対応する秘密鍵をインポートするには、証明書および秘密鍵ボタンを使用します。証明書がパスワードで保護されている場合は、証明書パスワードフィールドにパスワードを入力します。設定画面で保存をクリックします。

Webインターフェイスを無効にして有効にする

Webインターフェイスを有効にするの横にあるトグルを切り替え、設定画面で保存をクリックすると、ただちにWebインターフェイスからログアウトし、Webインターフェイスを使用できなくなります。

arrow_down_businessターミナルウィンドウからもう一度Webインターフェイスを有効にすることができます。