インストール

ESET Server Security for Linux (EFS)はバイナリファイル(.bin)として配布されます。


note

OSをアップデート

ESET Server Security for Linuxのインストール前に、OSに最新のアップデートがインストールされていることを確認してください。


warning

削除する

ESET File Security for Linuxバージョン4.xがインストールされている場合は、最初に削除します。ESET Server Security for LinuxはESET File Security for Linuxバージョン4.xと互換性がありません。

ESET Remote Administratorを使用してESET File Security for Linuxバージョン4を管理している場合は、ESET Security Management Centerにアップグレードしてから、ESET PROTECTにアップグレードして、リモートでEFSを管理します。

ターミナルを使用してインストールする

製品をインストールまたはアップグレードするには、ご使用の適切なOSディストリビューションのルート権限で、ESET配布スクリプトを実行します。

./efs.x86_64.bin

sh ./efs.x86_64.bin

arrow_down_business使用可能なコマンドライン引数を参照してください


note

.debまたは.rpmインストールパッケージを入手する

OSに合った.debまたは.rpmインストールパッケージを取得するには、「-n」コマンドライン引数でESET配布スクリプトを実行します。

sudo ./efs.x86_64.bin -n

または

sudo sh ./efs.x86_64.bin -n

インストールパッケージの依存関係を表示するには、次のコマンドのいずれかを実行します。

dpkg -I <deb package>

rpm -qRp <rpm package>

 

画面の手順に従います。製品ライセンス契約に同意すると、インストールが完了し、Webインターフェイスログイン詳細情報が表示されます。

インストーラーは依存関係の問題について通知します。

ESET PROTECTを使用してインストールする

ESET Server Security for Linuxをコンピューターにリモート展開するには、ESET PROTECTソフトウェアインストールオンラインヘルプセクションを参照してください。

検出モジュールの定期的な更新を有効にするには、ESET Server Security for Linuxをアクティベーションします。

必要に応じて、Webインターフェースをリモートで有効にします


note

サードパーティーアプリ

ESET Server Security for Linuxで使用されるサードパーティーアプリの概要は、/opt/eset/efs/doc/modules_notice/にあるNOTICE_modeファイルを参照してください。