詳細設定

リアルタイムファイルシステム保護

このオプションを使用すると、リアルタイムスキャナを有効/無効にすることができます。このスキャナは、システムの起動時に自動的に実行され、操作するファイルを検査します。ダウンロードフォルダ、APKインストールファイル、およびマウント後のSDカードのすべてのファイルが自動的に検査されます。

ESET LiveGridレピュテーションシステム

ESET LiveGridは、デバイスのセキュリティを向上させるように設計された予防システムでます。世界各国の数百万人のESETユーザーから収集された最新情報を基に、システムで実行中のプログラムやプロセスを常時監視します。そのため、すべてのESETユーザーに対しても、事前対策保護が強化され、積極的な保護の精度と検査速度が高まります。この機能を有効にすることをお勧めします。

ESET LiveGridフィードバックシステム

ESETが不審なオブジェクトに関する匿名の統計情報、クラッシュレポート、診断データを収集することを許可します。これにより、ESETは自動的にクラウドシステムで検出メカニズムを構築できます。

望ましくない可能性があるアプリケーションの検出

望ましくないアプリケーションは、アドウエアを含んだり、ツールバーをインストールしたり、検索結果を追跡したり、その他の不明確なオブジェクトを含んだりするプログラムです。場合によっては、リスクよりも望ましくないアプリケーションを使用する利点があると考えることがあります。このため、このようなアプリケーションには、他のタイプの悪意のあるソフトウェアと比べ、低いリスクのカテゴリが割り当てられています。

安全でない可能性があるアプリケーションの検出

ネットワークに接続されたデバイスの管理を容易にする機能を持つ適正なアプリケーションはたくさんあります。ただし、否定的な点では、悪意のある目的で悪用される可能性があります。[危険な可能性があるアプリケーションを検出]を使用すると、このようなタイプのアプリケーションを監視し、必要に応じてブロックできます。[安全ではない可能性があるアプリケーション]は、市販の適正なソフトウェアに適用される分類です。この分類には、リモートアクセスツール、パスワード解析アプリケーション、キーロガーなどのプログラムが含まれます。

未解決の脅威をブロック

この設定によって、検査が完了して脅威が見つかった後に実行されるアクションが決まります。このオプションを有効にすると、 ESET Endpoint Security for Androidは脅威に分類されたファイルへのアクセスをブロックします。

リムーバブルメディア

デバイスにリムーバブルメディアが挿入された後のアクションを選択できます。

常に検査 - リムーバブルメディアは常に検査されます。

検査しない - リムーバブルメディアは検査されません。

オプションを表示する - メディアを挿入すると、リムーバブルメディアを検査するオプションが表示されます。

ウイルス定義データベース更新

このオプションでは、脅威データベースアップデートが自動的にダウンロードされる頻度の間隔を設定できます。これらのアップデートは、新しい脅威がデータベースに追加されるときに、必要に応じて発行されます。これを既定値(毎日)のままに設定することをお勧めします。

カスタム最大データベース経過時間

この設定は、脅威データベースアップデート間の長さを定義します。この時間の後に、ESET Endpoint Security for Androidをアップデートするように通知されます。

アップデートサーバー

このオプションを使用すると、プレリリースサーバーからデバイスをアップデートできます。リリース前アップデートは社内テスト済みで、まもなく一般に公開される予定のものです。テストモードを有効にすることで、最新の保護機能や修正プログラムを利用することができます。ただし、リリース前アップデートは常に十分に安全であるとは限りません。現在のモジュールのリストについては、[バージョン情報]セクションを参照してください。ESET Endpoint Security for Androidメイン画面でメニューアイコンaction_button_menuをタップして、[バージョン情報] > ESET Endpoint Security for Androidをタップします。基本ユーザーは、[公開サーバー]を既定で選択されたままにすることをお勧めします。

ESET Endpoint Security for Androidでは、ネットワーク内の他のデバイスをアップデートするために使用できるアップデートファイルのコピーを作成することができます。ローカルミラーの使用 - LAN環境でアップデートファイルのコピーを作成すると、ベンダのアップデートサーバーからモバイルデバイスごとに繰り返しアップデートファイルをダウンロードしなくて済むので便利です。Windows版のESET Endpoint製品を使用してミラーサーバーを構成する詳細な方法については、このドキュメントを参照してください。