リモートコマンド

リモートコマンドは次の3つの方法でトリガーできます。

直接ESET PROTECTコンソールから

管理者のAndroidデバイスにインストールされたESET Endpoint Security for Androidコマンドの送信機能を使用

管理者のデバイスからSMSテキストメッセージを送信

ESET PROTECTを使用していない管理者によるSMSコマンドの実行を簡単にするために、管理者のAndroidデバイスにインストールされたESET Endpoint Security for Androidからコマンドを呼び出せます。手動でテキストメッセージを入力して、確認コードでコマンドを確認する代わりに、管理者が送信コマンド機能(管理者モードで使用可能)を使用できます。管理者は電話番号を入力するか、連絡先を選択し、ドロップダウンメニューから送信するコマンドを選択できます。ESET Endpoint Security for Androidは、バックグラウンドですべての必要な処理を自動的に実行します。

SMSコマンドを送信するときには、管理者の電話番号は対象デバイスの管理者の連絡先でなければなりません。管理者は1時間のみ有効で、以下の任意のコマンドを実行するために使用できる確認コードを受信します。コードはメッセージの最後に追加されます。コマンドは次の形式で送信されます。eset findコード。コマンドがターゲットデバイスで実行された後、管理者は確認を受信します。次のSMSコマンドを送信できます。

デバイスの検索

SMSコマンド: eset find
Googleマップ上のその場所へのリンクを含む、対象デバイスのGPS座標が入ったテキストメッセージを受信します。より正確な位置情報が10分後に使用可能になった場合は、デバイスは新しいSMSを送信します。

デバイスをロック

SMSコマンド: eset lock
これにより、デバイスがロックされます。管理者パスワードまたはロック解除リモートコマンドを使用すると、ロック解除できます。SMS経由でこのコマンドを送信するときには、ロックされたデバイスの画面に表示されるカスタムメッセージを追加できます。次の形式を使用します。eset lockコードメッセージ。メッセージパラメーターを空にする場合は、ロック画面情報セクションからのメッセージが表示されます。

ロックされたデバイスのロック解除

SMSコマンド: eset unlock
デバイスのロックが解除され、現在デバイスに挿入されているSIMカードが信頼できるSIMとして保存されます。

警報

SMSコマンド: eset siren
デバイスがミュートに設定されている場合でも、大音量の警報が再生されます。

拡張初期設定リセット

SMSコマンド: eset enhanced factory reset
デバイスを初期設定にリセットします。すべてのアクセス可能なデータが消去されます。ファイルヘッダーは削除されます。これには数分かかる場合があります

デバイスのワイプ

SMSコマンド: eset wipe
既定のフォルダに保存されているすべての連絡先、メッセージ、電子メール、アカウント、SDカードの内容、画像、音楽、動画が完全にデバイスから消去されます。ESET Endpoint Security for Androidはインストールされたままです。


note

SMSコマンドは大文字と小文字を区別しません。