Webとメール

Webとメールの設定は、[設定] > [Webとメール]にあります。このウィンドウから、プログラムのさらに詳細な設定にアクセスすることができます。

PAGE_SETTINGS_ANTISPAM

セキュアブラウザー - オンラインでの閲覧中に機密データを保護します。

Webコントロールモジュールでは、管理者が自動ツールを使うための設定を構成して、ワークステーションを保護し、インターネット閲覧の制限を設定できるようにします。Webコントロール機能の目的は、不適切または有害なコンテンツを含むページへのアクセスを防止することです。詳細については、「Webコントロール」を参照してください。

インターネット接続は、パーソナルコンピューターの標準機能です。しかし残念ながら、インターネットは悪意のある迷惑なコードを転送する主要な方法にもなっています。そのため、Webアクセス保護設定を入念に検討することが不可欠です。

[電子メールクライアント保護]では、POP3(S)とIMAP(S)プロトコルで受信したメール通信が検査されます。ESET Endpoint Securityでは、メールクライアントのプラグインプログラムを使用して、メールクライアントからのすべての通信を検査できるようにしています。

[迷惑メール対策機能]は、迷惑メールメッセージをフィルタリングします。

歯車GEAR (迷惑メール対策保護の横)をクリックすると、次のオプションを使用できます。

設定 - 電子メールクライアント迷惑メール対策保護の詳細設定を開きます。

ユーザーのアドレスリスト - 安全または危険であると見なされた電子メールアドレスを追加、編集、または削除するダイアログウィンドウを開きます。ここで定義されたルールに従い、これらのアドレスから送信されたメールは検査されず、迷惑メールとして処理されません。ユーザーの例外リストをクリックすると、成りすましが行われている可能性のある電子メールアドレスを追加、編集、または削除するダイアログを開きます。例外リストに登録されているアドレスから送信されたメールに対しては、迷惑メールの検査を常に行います。

フィッシング対策保護は、もう1つの保護レイヤーであり、パスワードやその他の機密情報を取得しようと試みる非合法なWebサイトに対する防御を強化します。フィッシング対策保護は、Webとメールの下の[設定]ペインにあります。詳細については、「フィッシング対策保護」を参照してください。

Web/電子メール/フィッシング対策/迷惑メール対策 保護モジュールは、MODULE_ENABLEDをクリックして一時的に無効にすることも可能です。