ネットワーク攻撃保護

ネットワーク攻撃保護(IDS) - ネットワークトラフィックの内容を分析し、ネットワーク攻撃から保護します。有害だと見なされるすべてのトラフィックがブロックされます。

ボットネット保護を有効にする- コンピュータが感染した場合や、ボットが通信を試みているときに、一般的なパターンに基づいて、悪意のあるコマンドとの通信およびコントロールサーバーを検出してブロックします。用語集のボットネット保護をお読みください

IDSルール - このオプションでは、コンピュータに害をもたらす可能性があるさまざまな攻撃およびエクスプロイトを検出する、詳細なフィルタオプションを設定できます。