ESETオンラインヘルプ

検索 日本語
トピックを選択

安全なブラウザー

安全なブラウザーは、オンライン処理中に金融データを保護するための強化された保護レイヤーです。


important

ESET LiveGrid®レピュテーションシステムを有効(既定で有効)にし、セキュアーブラウザ保護が正常に動作することを保証する必要があります。

セキュアーブラウザの動作を設定するには、詳細設定 > 保護 > セキュアーブラウザを開きます。

次のセキュアーブラウザ設定オプションのいずれかを使用できます。

  • すべてのブラウザーを保護 - すべてのサポートされているWebブラウザーが安全モードで起動します。これにより、リダイレクトせずに、1つの保護されたブラウザーウィンドウで、インターネットを閲覧したり、インターネットバンキングにアクセスしたり、オンライン購入と取引を行ったりできます。
  • Webサイトリダイレクト - 保護されたWebサイトリストと内部インターネットバンキングリストのWebサイトが保護されたブラウザーにリダイレクトされます。開くブラウザー(標準または保護されたブラウザー)を選択できます。

note

Webサイトリダイレクトは、ARMプロセッサーを搭載したデバイスでは使用できません。

icon_section 基本

セキュアブラウザーを有効にする - 有効にすると、保護ウェブサイトの一覧がアクティブになり、保護されたWebサイトウィンドウを開くことができるようになります。

ブラウザーの保護

すべてのブラウザーを保護を有効にすると、保護モードでサポートされているWebブラウザーがすべて起動します。これにより、リダイレクトせずに、1つの保護されたブラウザーウィンドウで、インターネットを閲覧したり、インターネットバンキングにアクセスしたり、オンライン購入と取引を行ったりできます。

拡張機能のインストールモード - ESETによって保護されたブラウザーへのインストールを許可する拡張機能を、ドロップダウンメニューから選択できます。拡張機能インストールモードを変更しても、以前にインストールされたブラウザー拡張機能には影響しません。

  • 基本的な拡張機能 - 特定のブラウザーベンダーによって開発された最も重要な拡張機能のみ。
  • すべての拡張機能 - 特定のブラウザーでサポートされているすべての拡張機能。

Webサイトリダイレクト

保護されたWebサイトリダイレクトを有効にする - 有効にすると、保護されたWebサイトリストと内部インターネットバンキングリストのWebサイトがセキュアブラウザーにリダイレクトされます。

保護されたWebサイト - どのブラウザを開くか(通常またはセキュアモードで)を選択できるウェブサイト一覧。既定では、情報を提供するブラウザー内通知とブラウザーの周囲の緑色のフレームが表示され、安全なブラウジングがアクティブだということを通知します。

セキュリティで保護されたオンラインバンキングおよび決済ページ - 既定では無効です。保護されたWebサイトのリストとESETの内部リストに登録されたWebサイトは、ESETによってセキュアブラウザーにリダイレクトされます。ESETで特定されたWebサイトは定期的に更新されます。

セキュアーブラウザー

拡張メモリ保護 - 有効にすると、セキュアブラウザーのメモリが他のプロセスによって検査から保護されます。

キーボード保護 - 有効にすると、セキュアブラウザーにキーボードから入力した情報は他のアプリケーションから隠すことができます。これにより、キーロガーに対する保護が強化されます。

ブラウザの緑色のフレーム - 無効にすると、情報を提供するブラウザー内通知とブラウザーの周囲の緑色のフレームが消えます。

セキュアブラウザーの対話型アラートを設定 - 対話型アラートウィンドウを開くことができます。


note

一部の状況では、特定の対話型アラートは、エラーが発生して安全なブラウザーを正常に起動できないときにのみ表示されます。詳細については、対話型アラートを参照してください。