ダウンロードとアップデートのキャッシュ保存

ESET Bridgeダウンロードとキャッシュ:

ESETモジュールのアップデート

ESET PROTECTによってプッシュされたインストールパッケージとアップデートパッケージ (ESET Endpoint Security MSIインストーラーなど)

ESETセキュリティ製品アップデート(コンポーネントおよび製品のアップデート)

ESET LiveGuard Advanced結果

ESET Bridgeはキャッシュデータをネットワークのエンドポイントクライアントに配布します。キャッシュにより、ネットワークのインターネットトラフィックを減らします。


note

ESET Bridgeの代わりに、オフライン検出エンジンアップデートでミラーツール(WindowsおよびLinuxで使用可能)を使用します。

ESETアップデートサーバーからすべての使用可能なデータをダウンロードするミラーツールと比較し、ESET BridgeはESET PROTECTコンポーネントまたはESETエンドポイント製品によって要求されたデータのみをダウンロードし、ネットワークの負荷を削減します。エンドポイントクライアントがアップデートを要求する場合、ESET BridgeはESETアップデートサーバーからダウンロードし、アップデートをキャッシュディレクトリに保存し、個別のエンドポイントクライアントに提供します。別のエンドポイントクライアントが同じアップデートを要求する場合、ESET Bridgeはダウンロードをキャッシュから直接クライアントに送信するため、ESETアップデートサーバーから追加でダウンロードすることはありません。

次の図は、すべてのESET PROTECTコンポーネントとESETエンドポイント製品にアップデートを配布するプロキシサーバーとしてのESET Bridgeが示されます。

scheme_no_remote

ESETセキュリティ製品のキャッシュ

ESET ManagementエージェントとEndpointのキャッシュ設定は同じではありません。ESET Managementエージェントは、クライアントデバイスでESETセキュリティ製品の設定を管理できます。

次の2つの方法でESET Endpoint Securityのプロキシを設定できます。

ESET PROTECT WebコンソールからESETセキュリティ製品ポリシーを使用します。クライアントデバイス設定を管理するには、このオプションをお勧めします。

ESET Endpoint Securityプログラムのメインウィンドウからローカルで実行します。

ESET LiveGuard Advancedの結果をキャッシュに保存する

ESET Bridgeは、ESET LiveGuard Advancedによって提供された結果をキャッシュに保存できます。キャッシュにはESET Bridgeの特定の設定が必要です。ESET LiveGuard Advancedではキャッシュを使用することをお勧めします。詳細については、ESET LiveGuard Advancedマニュアルを参照してください。