ESET PROTECTサーバーのインストール

ESET PROTECTコンポーネント構造

通常、小規模から中規模のネットワーク(1.000クライアント以下)を管理するには、ESET PROTECTサーバーとすべてのコンポーネント(Webサーバー、データベースなど)がインストールされた1台のサーバーで十分です。1台のサーバーのインストールまたはスタンドアロンインストールとして考えることができます。すべての管理対象クライアントは、ESET Managementエージェント経由で直接ESET PROTECTサーバーに接続します。管理者は、ネットワーク上の任意のコンピュータからWebブラウザでESET PROTECT Webコンソールに接続したり、ESET PROTECTサーバーから直接Webコンソールを実行したりできます。

ds_single_server_small_business

インストール

ESET PROTECTインストーラーは、さまざまなインストール方法をサポートするために、複数の形式で提供されています。

Windows での小規模な展開には、オールインインワンインストーラーをお勧めします。

ハイパーバイザーを使用する場合は、設定済みのESET PROTECT仮想アプライアンス(CentOSLinuxで実行)を展開することをお勧めします。Windowsでのインストールよりも展開がすばやく簡単です。

note

注意

前のバージョンのESET PROTECT、ESMC 7、またはERA 6からアップグレードする場合は、次の手順に従います。