アーキテクチャ

ESET PROTECTは新しい世代のリモート管理システムです。アーキテクチャが大きく異なるため、ESET PROTECTは古い世代のERA 6とは完全に互換するわけではありません。また、ERA 5との後方互換性もありません。ただし、前のバージョンのESETセキュリティ製品とは互換性があります。

ESET PROTECTでは、ESETは次世代のセキュリティ製品と新しいライセンスシステムも開発しました。

ESETセキュリティソリューションポートフォリオの完全な展開を実行するには、次のコンポーネントをインストールする必要があります(WindowsおよびLinuxプラットフォーム)。

ESET PROTECTサーバー

ESET PROTECT Webコンソール

ESET Managementエージェント

次のサポートコンポーネントは任意です。ネットワーク上のアプリケーションの最適なパフォーマンスを保証するためにインストールすることをお勧めします。

プロキシ

RD Sensor

Apache HTTPプロキシ

モバイルデバイスコネクター

 

ESET PROTECTコンポーネントは、証明書を使用して、ESET PROTECTサーバーと通信します。ナレッジベース記事で、ESET PROTECTの証明書に関する詳細をお読みください。

インフラストラクチャ要素の概要

次の表では、ESET PROTECTインフラストラクチャ要素と主な機能の概要について説明します。

機能

ESET PROTECTサーバー

ESET Managementエージェント

ESETセキュリティ製品

HTTPプロキシ

ESETサーバー

モバイルデバイスコネクター

ESETセキュリティ製品のリモート管理(ポリシー、タスク、レポートの作成など)

x

x

x

x

x

ESET PROTECTサーバーとの通信、およびクライアントデバイスでのESETセキュリティ製品の管理

x

x

x

x

アップデートの提供、ライセンス検証

x

x

x

x

x

アップデートのキャッシュと転送(検出エンジン、インストーラー、モジュール)

x

x

x

x

ESET ManagementエージェントとESET PROTECTサーバーとの間のネットワークトラフィックの転送

x

x

x

x

x

クライアントデバイスの保護

x

x

x

x

x

モバイルデバイスのリモート管理

x

x

x

x

x