ユーザー設定

このセクションでは、ユーザー設定をカスタマイズできます。ESET PROTECT Webコンソールの右上端にあるユーザーアカウント(ログアウト ボタンの横)をクリックし、すべてのアクティブなユーザーを表示します。異なるWebブラウザー、コンピューター、またはモバイルデバイスから同時にESET PROTECT Webコンソールにログインできます。すべてのセッションがここに表示されます。

note

注意

ユーザー設定は、現在ログインしているユーザーにのみ適用されます。各ユーザーは、ESET PROTECT Webコンソールで任意の時間設定を使用できます。ユーザー固有の時間設定は、ESET PROTECT Webコンソールにアクセスする場所に関係なく、そのユーザーに適用されます。

時間設定

すべての情報は、UTC (世界協定時間)標準を使用して、ESET PROTECTに内部的に格納されます。UTC時間は、ESET PROTECT Webコンソールによって使用されるタイムゾーンに自動的に変換されます(夏時間を考慮)。ESET PROTECT Webコンソールには、ESET PROTECT Webコンソールが実行されているシステムのローカル時間(内部UTC時間ではない)が表示されます。必要に応じて、この設定を上書きし、ESET PROTECT Webコンソールに表示される時間を手動で設定できます(必要な場合)。

既定のブラウザーローカル時刻を使用設定を無効にする場合は、手動選択オプションを選択してから、コンソールタイムゾーンを手動で指定し、夏時間を使用するかどうかを決定します。

time_zone01

important

重要

場合によっては、別のタイムゾーンを使用するオプションが使用可能になります。 トリガーを設定するときには、ESET PROTECT Webコンソールのタイムゾーンが既定で使用されます。サーバーのローカル時刻を使用チェックボックス選択すると、ESET PROTECTコンソールタイムゾーンではなく、サーバーのローカルタイムゾーンを使用してトリガーを設定できます。

time_zone02

時間設定の保存をクリックして、変更を確認します。

保存されたユーザー状態

保存されたユーザーのUI状態を既定の設定にリセットするには、保存されたユーザー状態のリセットをクリックします。これには、スタートアップウィザード、テーブル列サイズ、推奨フィルター、固定されたサイドメニューなどがあります。

reset_stored_user_data

アクティブなセッション

現在のユーザーのすべてのアクティブなセッションの情報は以下のとおりです。

ユーザーがESET PROTECT Webコンソールに接続するクライアントコンピューターまたはデバイスのIPアドレス。 ESET PROTECT Web コンソールを実行するWebサーバーのIPアドレスが括弧で囲まれて表示されます。ESET PROTECT WebコンソールがESET PROTECT サーバーと同じコンピューターで実行されている場合は、127.0.0.1経由が表示されます。

ユーザーがログインした日時。

ESET PROTECT Webコンソールで選択した言語。

active_sessions

現在のセッションはこのセッションと表示されます。 アクティブなセッションを切断する場合は、切断をクリックします。