調整例

調整の例では、調整条件(T1、T2、S1、S2、S3)が組み合わせられ、評価される方法を説明します。

note

注意

「ティック」はトリガーからのパルスを意味します。「T」は時間ベースの条件です。「S」は統計条件です。「S3」はイベントログ条件です。

S1:発生条件(3ティックごとに許可)

時間

00

01

02

03

04

05

06

トリガーが修正される

07

08

09

10

11

12

13

14

15

ティック

x

x

x

x

x

x

x

 

x

x

 

x

x

 

x

 

x

S1

 

 

1

 

 

1

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

1

S2:時間内の発生条件(3ティックが4秒以内に発生する場合に許可)

時間

00

01

02

03

04

05

06

トリガーが修正される

07

08

09

10

11

12

13

ティック

x

 

x

x

x

x

 

 

x

 

x

 

x

x

x

S2

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

S3:一意の記号値の条件(3つの一意の値が連続している場合に許可)

時間

00

01

02

03

04

05

06

トリガーが修正される

07

08

09

10

11

12

13

A

B

B

C

D

G

H

 

J

K

N/A

L

M

N

N

S3

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

S3:一意の記号値の条件(3つの一意の値が最後のティック以降の場合に許可)

時間

00

01

02

03

04

05

06

07

トリガーが修正される

08

09

10

11

12

13

14

A

B

B

C

D

G

H

I

 

J

K

N/A

L

M

N

N

S3

 

 

 

1

 

 

1

 

 

 

 

 

1

 

 

 

T1:特定の時間範囲でティックを許可(8:10で始まる毎日を許可、期間は60秒)

時間

8:09:50

8:09:59

8:10:00

8:10:01

トリガーが修正される

8:10:59

8:11:00

8:11:01

ティック

x

x

x

x

 

x

x

x

T1

 

 

1

1

 

1

 

 

この条件には状態がありません。このため、トリガー修正は結果に影響しません。

T2:時間間隔で1つのティックを許可(最大5秒に1回許可)

時間

00

01

02

03

04

05

06

トリガーが修正される

07

08

09

10

11

12

13

ティック

x

 

x

x

x

x

 

 

x

 

x

 

x

x

x

T2

1

 

 

 

 

1

 

 

1

 

 

 

 

1

 

S1+S2の組み合わせ

S1:5ティックごと

S2:4秒以内に3ティック

時間

00

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

ティック

x

x

x

x

x

 

x

x

x

 

 

x

 

x

x

 

 

S1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

S2

 

 

1

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

結果

 

 

1

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

結果は次のように列挙されます:S1(論理 OR)S2

S1+T1組み合わせ

S1:3ティックごとに許可

T1:8:08から始まる毎日を許可、期間は60秒日時:

時間

8:07:50

8:07:51

8:07:52

8:07:53

8:08:10

8:08:11

8:08:19

8:08:54

8:08:55

8:09:01

ティック

x

x

x

x

x

x

x

x

x

x

S1

 

 

1

 

 

1

 

 

1

 

T1

 

 

 

 

1

1

1

1

1

 

結果

 

 

 

 

 

1

 

 

1

 

結果は次の通り列挙されます:S1(論理 AND)T1

S2+T1組み合わせ

S2:10秒以内に3ティック

T1:8:08から始まる毎日を許可、期間は60秒日時:

時間

8:07:50

8:07:51

8:07:52

8:07:53

8:08:10

8:08:11

8:08:19

8:08:54

8:08:55

8:09:01

ティック

x

x

x

x

x

x

x

x

x

x

S2

 

 

1

1

 

 

1

 

 

1

T1

 

 

 

 

1

1

1

1

1

 

結果

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

結果は次のように列挙されます:S2(論理 AND)T1。

S2の状態は、グローバル結果が1の場合にだけリセットされます。

S2+T2組み合わせ

S2:10秒以内に3ティック

T2:最大20秒に1回許可

時間

00

01

02

03

04

05

06

07

16

17

18

19

20

21

22

23

24

ティック

x

x

x

x

x

x

x

x

 

x

x

x

x

x

x

x

x

x

S2

 

 

1

 

 

1

1

1

 

 

 

1

1

1

1

1

 

 

T2

1

1

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

結果

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

結果は次のように列挙されます:S2(論理 AND)T2。

S2の状態は、グローバル結果が1の場合にだけリセットされます。