検出

検出セクションには、管理されたデバイスで見つかったすべての検出の概要が表示されます。

左側には、グループ構造が表示されます。グループを参照し、特定のグループのメンバーの見つかった検出を確認できます。アカウントのグループに割り当てられたクライアントで見つかったすべての検出を表示するには、すべてのグループを選択し、適用されたフィルターを削除します。

検出ステータス

脅威ステータスに基づいて、2種類の検出があります。

未解決の検出 -未解決の検出はまだ駆除されていない検出です。検出を駆除するには、検出を含むフォルダーで駆除を有効にして、詳細検査を実行します。検出を駆除し、検出を排除するには、検査タスクを正常に完了する必要があります。検出から24時間以内にアクティブな検出を解決しない場合は、アクティブ状態から、未解決になります。

解決済みの検出 - これらは、ユーザーによって解決済みに設定された検出ですが、詳細検査によって検査されていません。解決済みに設定された検出があるデバイスは、検査が実行されるまで、フィルタリングされて表示されます。

 

処理された検出ステータスは、ESETセキュリティ製品が検出に対してアクションを実行したかどうかを示します(検出タイプと駆除レベル設定によって異なります)。

はい - ESETセキュリティ製品は検出に対してアクション(削除、駆除、または隔離)を実行しました。

いいえ - ESETセキュリティ製品は検出に対してアクションを実行しませんでした。

レポート、通知、動的グループテンプレートでは、フィルターとして処理された検出を使用できます。

 

note

注意

クライアントデバイスで見つかったすべての検出が隔離に移動されるわけではありません。隔離されない検出:

削除できない検出

動作に基づき不審ではあるものの、マルウェアとして特定されない検出。たとえば、PUA

important

重要

データベースクリーンアップ中に、駆除されたインシデントログに対応する検出の項目も(検出ステータスには関係なく)削除されます。既定では、インシデントログ(および検出)のクリーンアップ期間は6か月に設定されています。この期間は、サーバー設定で変更できます。

検出の集約

検出が時間および他の条件によって集約され、解決を簡素化します。24時間を経過した検出は、毎日午前0時に自動的に集計されます。解決済み列でX/Y (解決済みのアイテム/合計アイテム数)によって、集約された検出を特定できます。検出詳細の発生タブには、集約された検出が一覧表示されます。

アーカイブ内の検出

アーカイブで1つ以上の検出が見つかった場合、アーカイブ内の各検出が検出で報告されます。

warning

警告

検出を含むアーカイブファイルを除外しても、検出は除外されません。アーカイブ内の個々の検出を除外する必要があります。

除外された検出は、別のアーカイブまたはアーカイブされていない場合でも検出されなくなります。

フィルタリング検出

既定では、正常に駆除された検出を含む、過去7日間のすべての検出タイプが表示されます。複数の条件で検出をフィルタリングできます。ミュートされたコンピューターおよび発生が既定で有効にされます。

note

注意

一部のフィルターは既定で有効です。メインメニューに検出が表示され、検出リストに表示されない場合は、チェックをすると、有効なフィルターが表示されます。

より詳細に表示するには、次の例のような他のフィルターを追加できます。

検出カテゴリ - icon_antivirusウイルス対策icon_blocked ブロックされたファイルicon_ei_alert Enterprise Inspectoricon_firewall ファイアウォールicon_hips HIPSicon_web_protection Web保護

検出タイプ

検出を報告したクライアントのIPアドレス

スキャナー - 検出を報告したスキャナーの種類を選択します。たとえば、ランサムウェア対策スキャナーは、ランサムウェア保護によって報告された検出を示しています。

アクション - 検出に対して実行されたアクションを選択します。ESETセキュリティ製品は次のアクションをESET PROTECTに報告します。

o駆除 - 検出が駆除されました。

o削除 / 削除により駆除 - 検出は削除されました。

o削除されたオブジェクトの一部 - 検出を含むアーカイブが削除されました。

oブロック / 切断 - 検出されたオブジェクトへのアクセスがブロックされました。

o保持 - さまざまな理由により、アクションは実行されませんでした。例:

対話アラートで、アクションを実行しないようにユーザーが手動で選択しました。

ESET セキュリティ製品検出エンジン設定では、検出カテゴリの保護レベルがレポートレベルより低く設定されます。

フィルターとレイアウトのカスタマイズ

現在のWebコンソール画面ビューをカスタマイズできます。

サイドパネルとメインテーブルを管理します。

フィルターとフィルタープリセットを追加します。 タグを使用して、表示される項目をフィルタリングできます。