ログイン画面

ユーザーがWebコンソールにログインするには、ログイン認証情報(ユーザー名とパスワード)が必要です。また、ドメインユーザーとしてログインすることもできます。この場合、[ドメインユーザーとしてログイン]の横のチェックボックスをオンにします(ドメインユーザーはマッピングされたドメイングループに関係していません)。ログイン形式は、ドメインタイプによって異なります。

Windows Active Directory: DOMAIN\username

LinuxおよびESET PROTECT仮想アプライアンスLDAP: username@FULL.DOMAIN.NAME

note

注意

ログインできないか、ログインの試行でエラーメッセージが発生する場合は、問題を解決するための提案について、Webコンソールのトラブルシューティングセクションを参照してください。

言語を選択するには、現在選択されている言語の横のドロップダウン矢印をクリックします。詳細については、ナレッジベース記事を参照してください。

note

注意

Webコンソールの一部の要素は言語を変更しても変更されません。 一部の要素はESET PROTECTインストール中に作成されているため、変更できません。

複数のタブでセッションを許可する- Webコンソールを単一のブラウザーの複数のタブで開くことができます。

チェックボックスがオンの場合、1つのブラウザーで開いているWebコンソールセッションの各タブが同じセッションに接続されます。新しいタブが開いている場合、同じ設定で接続されたすべての他のタブがこの新しいセッションに接続します。セッションがタブのいずれかでログアウトすると、他のすべてのタブもログアウトします。

チェックボックスがオフの場合、各新しいタブは新しい独立したESET PROTECT Webコンソールセッションを開きます。

パスワードの変更/別のアカウントを使用する - パスワードを変更したり、もう一度ログイン画面に戻ることができます。

webconsole_change_password

セッション管理とセキュリティ対策:

ログインIPアドレスのロックアウト

同じIPアドレスからログインの試みが10回失敗すると、このIPアドレスからのさらなるログインの試みは約10分間ブロックされます。 ログイン試行のIPアドレス禁止は、既存のセッションには影響しません。これは次のエラーメッセージで示されます。 ログインできませんでした:ご使用のアドレスからのログインが一時的にブロックされています

正しくないセッションIDアドレスのロックアウト

同じIPアドレスから無効なセッションIDを15回使用すると、このIPアドレスからの今後のすべての接続が約15分間ブロックされます。期限切れのセッションIDはカウントされません。期限切れのセッションIDがブラウザにある場合は、攻撃とみなされません。15分間のIPアドレスの禁止はすべてのアクション(有効な要求を含む)に適用されます。Webコンソール(tomcatサービス)を再起動すると、禁止を解除できます。