ソフトウェアインストール

ソフトウェアインストールタスクを使用して、クライアントコンピューターにソフトウェアをインストールします。

ESETセキュリティ製品のインストール

ESETセキュリティ製品のアップグレード - 最新のインストーラーパッケージを使用してタスクを実行し、既存のソリューションの上にインストールします。ESET製品のアップグレードは、ダッシュボードからワンクリック操作ですぐに実行できます。このアップグレードを完了するには、ESET Security for Microsoft SharePointのアップグレード手順を参照してください。

サードパーティソフトウェアをインストールします

important

重要

リポジトリにアクセスしてインストールを実行するにはESET PROTECTサーバーもESET Managementエージェントもインターネットにアクセスする必要があります。インターネットに接続していない場合は、クライアントソフトウェアをローカルでインストールする必要があります。リモートインストールが失敗するためです。 インストールエラーを防止するため、ESET PROTECTは、ESET製品のインストールまたはアップグレード前に、次のチェックを実行します。

リポジトリにアクセスできるかどうか

クライアントコンピューターで十分な空き領域(1 GB)があるかどうか(Linuxでは使用できません)

 

ESET Managementエージェントが実行中のドメインのコンピューターでソフトウェアインストールタスクを実行するときには、ユーザーはインストーラーがあるフォルダーの読み取り権限が必要です。必要に応じて、次の手順に従って権限を付与します。

1.タスクを実行するコンピューターでActive Directoryコンピューターアカウントを追加します(たとえばNewComputer$ )。

2.インストーラーがあるフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューからプロパティ > 共有 > 共有を選択し、NewComputer$読み取り権限を付与します。$"記号は、コンピューター名文字列の最後に必要です。

共有ロケーションからのインストールは、クライアントコンピューターがドメインにある場合にのみ可能です。

ソフトウェアインスト-ルタスクを使用して、ESET PROTECTコンポーネント(エージェント、サーバー、MDM)をアップグレードしないでください。コンポーネントアップグレードタスクを使用してください。ソフトウェアインストールタスクを使用して、Rogue Detection Sensorコンポーネントのみをアップグレードできます。

タスクを作成するには、タスク > 新規 > add_new_default クライアントタスクをクリックするか、コンピューターで目的のクライアント デバイスをクリックし、新しいタスクを選択します。

基本

基本セクションで、名前説明(任意)などのタスクに関する基本情報を入力します。 タグを選択をクリックして、タグを割り当てます。
タスクドロップダウンメニューで、作成および設定するタスクタイプを選択します。新しいタスクを作成する前に、特定のタスクタイプを選択した場合、前回の選択に基づいて、タスクがあらかじめ選択されます。タスク(すべてのタスクの一覧を参照)は、タスクの設定と動作を定義します。

設定

インストールするパッケージ - 2つのオプションがあります。

リポジトリからパッケージをインストール - <パッケージの選択>をクリックし、リポジトリからインストーラーパッケージを選択します。ポップアップウィンドウに、利用可能なESETセキュリティ製品パッケージが一覧表示されます。任意のインストーラーパッケージ(ESET Endpoint Securityなど)を選択し、OKをクリックします。ESET製品をアップグレードするには、リポジトリから最新バージョンを選択します。

直接パッケージURLでインストール - インストールパッケージとURLを指定するには、URLを入力するか、コピーしてテキストフィールドに貼り付けます(認証が必要なURLは使用しない)。

ohttp://server_address/ees_nt64_ENU.msi - 公開Webサーバーまたは独自のHTTPサーバーからインストールしている場合。

ofile://\\pc22\install\ees_nt64_ENU.msi - ネットワークパスからインストールしている場合。

ofile://C:\installs\ees_nt64_ENU.msi - ローカルパスからインストールしている場合。

ESETライセンス - 使用可能なライセンスのリストから該当する製品ライセンスを選択します。

アクティブではない製品をインストールまたはアップグレードするとき、または現在使用中のライセンスを別のライセンスに変更する場合にのみ、ライセンスを選択します。

既にアクティベーションされた製品をアップグレードする場合は、ライセンスを選択しないでください。

ESET Dynamic Threat Defense (EDTD)をアクティベーション - ESET Dynamic Threat Defenseライセンスがあり、ESET Dynamic Threat Defenseと製品ライセンスに対応するESETセキュリティ製品を選択した場合は、このチェックボックスを使用できます。チェックボックスを選択すると、ソフトウェアインストールタスクのターゲットコンピューターでESET Dynamic Threat Defenseがアクティベーションされます。アクティベーション後、ポリシーを使用して、<%EDTD%>設定を管理できます。

[アプリケーションエンドユーザー使用許諾契約の条項に同意し、プライバシーポリシーを承諾する]の横のチェックボックスを選択します。詳細については、ESET製品のエンドユーザーライセンス契約(EULA)、利用規約、およびプライバシーポリシーを参照してください。

Windows版のESETセキュリティ製品を選択した場合: 保護設定 - 設定の横のチェックボックスをオンにし、インストーラーで有効に設定します。

oESET LiveGrid®フィードバックシステムを有効にする(推奨)

o望ましくない可能性のあるアプリケーションの検出を有効にする-ナレッジベース記事で詳細をお読みください。

インストールパラメータ (任意):

コマンドラインインストールパラメーターは、ユーザーインターフェイス設定の簡易基本およびなしで使用します。

該当するコマンドラインスイッチで使用されるmsiexecバージョンについては、マニュアルを参照してください。

ESET Endpoint製品およびESETサーバー製品のコマンドラインインストールについては、それぞれのオンラインヘルプをお読ください。

[必要なときに自動的に再起動]の横のチェックボックスを選択し、インストール後にクライアントコンピュータを強制的に自動再起動します。あるいは、このオプションをオフにし、クライアントコンピューターを手動で再起動できます。

arrow_down_business サードパーティソフトウェアのインストール

概要

構成された設定の概要を確認し、終了をクリックします。クライアントタスクが作成され、ポップアップウィンドウが開きます:

[トリガーの作成(推奨)]をクリックし、クライアントタスクターゲット(コンピューターまたはグループ)とトリガーを指定します。

閉じるをクリックすると、後からトリガーを作成できます。クライアントタスクインスタンスをクリックし、ドロップダウンメニューからrestart_default実行を選択します。

client_task_finish

タスクには、作成した各タスクの進行状況インジケータバーステータスアイコン、および詳細が表示されます。

インストールの失敗に関する問題の一覧

インストールパッケージが見つかりません。

新しいバージョンのWindowsインストーラーサービスが必要です。

別のバージョンまたは競合する製品が既にインストールされています。

別のインストール既に実行中です。そのインストールを完了してから、このインストールを続行してください。

インストールまたはアンインストールは正常に完了しましたが、コンピュータの再起動が必要です。

タスクが失敗しました - エラーがあります。エージェントトレースログを確認して、インストーラの戻りコードをチェックする必要があります。