サーバー検査

サーバー検査タスクを使用して、ESETサーバーソリューションがインストールされているクライアントを検査できます。検査実行のタイプはインストールされているESETソリューションによって異なります。

製品

検査

説明

ESET Server Security for Windows (旧称ESET File Security for Microsoft Windows Server)

Hyper-V 検査

このタイプの検査では、Microsoft Hyper-V Serverのディスクを検査できます。これはVMにESET Managementエージェントをインストールしない仮想マシン(VM)です。

ESET Security for Microsoft SharePoint Server

SharePointデータベース検査、Hyper-V 検査

この機能では、ESET Securityがあるサーバーでサーバー検査クライアントタスクを実行するときに、ESET PROTECT for Microsoft SharePointが適切な検査対象を使用できます。

ESET Mail Security for Microsoft Exchange Server

オンデマンドメールボックスデータベース検査、Hyper-V 検査

この機能では、ESET PROTECTが適切な検査対象を使用できます。ESET PROTECTがサーバー検査クライアントタスクを実行するときには、対象のリストを収集します。その特定のサーバーでオンデマンドメールボックスデータベース検査の検査対象を選択するように指示されます。

ESET Mail Security for IBM Domino

オンデマンドデータベース検査、Hyper-V 検査

この機能では、ESET Mail Securityがあるサーバーでサーバー検査クライアントタスクを実行するときに、ESET PROTECT for IBM Dominoが適切な検査対象を使用できます。

タスクを作成するには、タスク > 新規 > add_new_default クライアントタスクをクリックするか、コンピューターで目的のクライアント デバイスをクリックし、新しいタスクを選択します。

基本

基本セクションで、名前説明(任意)などのタスクに関する基本情報を入力します。 タグを選択をクリックして、タグを割り当てます。
タスクドロップダウンメニューで、作成および設定するタスクタイプを選択します。新しいタスクを作成する前に、特定のタスクタイプを選択した場合、前回の選択に基づいて、タスクがあらかじめ選択されます。タスク(すべてのタスクの一覧を参照)は、タスクの設定と動作を定義します。

検査されたサーバーの下で選択をクリックし、バージョン6以降のサーバーセキュリティ製品がインストールされているコンピューターを選択します。そのコンピューターで検査する特定のドライブ、フォルダー、ファイルを指定する必要があります。

このタスクのトリガーを選択し、必要に応じて調整を設定できます。既定では、タスクは即時実行されます。

検査対象

ESET PROTECTは選択したサーバーで使用可能な対象のリストを表示します。このリストを使用するには、ツール > ERA/ESMC検査対象で、対象リストの生成を、サーバー製品のポリシーで有効にする必要があります。

対象リストを生成 -  この設定を有効にすると、ESET PROTECT が対象リストを生成できます。

アップデート期間[分] - 初めて対象リストを生成するには、この期間の約半分の時間がかかります。

リストから検査対象を選択します。詳細については、「ESET PROTECT検査対象」を参照してください。

概要

すべての構成されたオプションはここに表示されます。設定を確認し、完了をクリックします。

タスクには、作成した各タスクの進行状況インジケータバーステータスアイコン、および詳細が表示されます。