ESET PROTECT Webコンソール

ESET PROTECT WebコンソールはESET PROTECTサーバーと通信するメインインターフェイスです。すべてのESETセキュリティソリューションを管理できる一元的な場所であるコントロールパネルと考えることができます。それは、インターネットに接続しているあらゆる場所とデバイスからWebブラウザ(サポート対象のWebブラウザを参照)を使用してアクセスできるWebベースのインターフェイスです。初めてWebコンソールにログインするときには、スタートアップウィザードが表示されます。

ESET PROTECT Webコンソールの標準レイアウト:

現在のユーザーは常に右上に表示されます。ここでは、セッションのタイムアウトがカウントダウンされます。[ログアウト]をクリックすると、いつでもログアウトできます。ユーザーの操作がなく、セッションがタイムアウトすると、ユーザーはもう一度ログインする必要があります。ユーザー設定を変更するには、ESET PROTECT Webコンソールの右上端のユーザー名をクリックします。

ウィザードを使用している場合を除き、左側には常にメインメニューがあります。 expand_menuをクリックすると、画面の左側にメニューが開きます。collapse_menu 折りたたむをクリックすると、折りたたむことができます。

ESET PROTECTを使用しているときにヘルプが必要な場合は、右上端のinformationヘルプアイコンをクリックし、<現在のトピック> - ヘルプをクリックします。現在のページの該当するヘルプウィンドウが表示されます。

ESET PROTECT Webコンソールの上部では、簡易検索ツールを使用できます。アイコンをクリックし、検索対象を選択します。

oコンピューター名、 説明、およびIPアドレス- クライアント名コンピューター説明IPv4/IPv6アドレス、またはグループ名を入力して、 Enterを押します。結果が表示されるコンピューターセクションにリダイレクトされます。

o検出名 - 結果が表示される検出セクションにリダイレクトされます。

oユーザー名 - インポートされたADユーザーを検索できます。結果はコンピューターユーザーセクションに表示されます。

クイックリンクボタンをクリックし、メニューを表示します。

クイックリンク

コンピューターのセットアップ

コンピューターの追加

モバイルデバイスの追加

他の展開オプション

コンピューターユーザーの追加

 

コンピューターの管理

クライアントタスクの作成

新しいポリシーの作成

ポリシーの割り当て

 

ステータスの確認

レポートの作成

 

gear_iconアイコンは常にコンテキストメニューを示します。

update_default [更新]をクリックすると、表示情報を再読み込み/更新します。

ページの下のボタンは、各セクションと機能で固有であり、該当する章で詳述します。

ESET PROTECTロゴをクリックすると、ダッシュボード画面が開きます。

dashboard

ステータス概要には、ESET PROTECTを最大限に活用する方法が表示されます。ここでは推奨手順が案内されます。

fs_getting_to_know_status_overview

ツリーの画面には固有のコントロールがあります。ツリーは左側にあり、その下にアクションがあります。ツリーの項目をクリックすると、その項目のオプションが表示されます。

表では、行単位で個別にユニットを管理でき、複数行を選択した場合はグループ単位で管理できます。行をクリックすると、その行の単位のオプションを表示されます。表のデータはフィルタリングおよび並べ替えできます。

computer_new_task

ESET PROTECTのオブジェクトはウィザードを使用して編集できます。すべてのウィザードには次の動作があります。

手順は上から下に垂直に表示されます。

いつでも任意の手順に戻れます。

必須設定の場合、常に、セクションと該当する設定の横に赤色のエクスクラメーションマークが表示されます。

新しいフィールドにカーソルを動かすと、無効な入力フィールドにマークが表示されます。無効な入力データを含むウィザードの手順も同様にマークが表示されます。

すべての入力データが正しくなるまで、[完了]は使用できません。

fs_getting_to_know_web_console_wizard