ESET PROTECTの新機能

名称変更 ESET Security Management Center

ESET Security Management Centerの名称が「ESET PROTECT」に変更されました。 製品とサービスは、新しい市場やお客様のニーズに対応するために進化しています。ESETは、現在の機能と予定された新しい機能をより適切に反映するようにソリューションの名称を変更することを決定しました。

ESET Full Disk Encryption for macOS

プラットフォームの対応範囲を拡大し、FileVault (macOSのネイティブ暗号化)管理を追加して、組織のデータセキュリティを強化します。詳細を見る

詳細機能

新しい機能の一部は、より大規模なネットワークのニーズにフォーカスしているため、より柔軟なカスタマイズが可能です。これらはすべて既存のユーザーインターフェースに組み込まれます。

監査ログ

新しい機能は、管理者がESET PROTECTでアクティビティを特定して追跡するのに役立ちます。タスクの実行、変更されたポリシー、解決された検出、ユーザーまたはコンピューターの追加、必要に応じた調整や修正を容易に行えます。 詳細を見る

ファイアウォールの脅威除外

検出のリストからファイアウォールの脅威を除外する機能が追加されました。 詳細を見る

サポート対象 ESET Business Account サイト

サイト間でのライセンスシートの分配など、ESET Business Accountの構造全体をインポートできます。