GPOとSCCMを使用したエージェント展開

ローカル展開の他に、グループポリシーオブジェクト(GPO)、System Center Configuration Manager (SCCM)、Symantec Altiris、Puppetなどの管理ツールを使用して、エージェントをリモート展開することもできます。

important

重要

リモート展開の場合、すべてのクライアントコンピューターがインターネットに接続していることを確認します。

以下の手順に従い、GPOまたはSCCMを使用してESET Managementエージェントをクライアントに展開します。

ESETダウンロードページ - スタンドアロンインストーラーセクションからエージェントのインストーラー(.msi)ファイルをダウンロードします。

メニューバーのクイックリンクその他の展開オプションをクリックし、「展開のためにGPOまたはSCCMを使用」を選択し、[スクリプトの作成]ボタンをクリックするとポップアップウィンドウが開きます。

証明書

クラッシュレポートとテレメトリーデータをESETに送信することに同意しない場合は、製品改善プログラムに参加するチェックボックスをオフにします。チェックボックスがオンの場合、テレメトリーデータとクラッシュレポートがESETに送信されます。

ピア証明書およびESET PROTECT認証局が使用可能な証明書に基づいて自動的に選択されます。自動的に選択されたものとは別の証明書を使用する場合は、ESET PROTECT証明書説明をクリックし、使用可能な証明書のリストを表示して、使用する証明書を選択します。カスタム証明書を使用する場合は、ラジオボタンをクリックして、.pfx証明書ファイルをアップロードします。詳細については、のカスタム証明書ESET PROTECTを参照してください。

必要に応じて、証明書パスフレーズを入力します。たとえば、ESET PROTECTのインストール中にパスフレーズを指定した場合、またはパスフレーズ付きのカスタム証明書を使用する場合です。そうでない場合は、証明書パスフレーズフィールドは空欄にします。

warning

警告

証明書パスフレーズには、文字を使用できません:" \ これらの文字は、エージェントの初期化中に重大なエラーが発生する原因となります。

詳細

ESET Managementエージェントインストールパッケージをカスタマイズできます。

1.インストールパッケージの名前および説明(任意)フィールドを入力します。

2.タグの選択をクリックして、タグを割り当てます。

3.親グループ(任意)- インストール後にコンピューターが配置される親グループを選択します。インストーラーが展開された後にデバイスが割り当てられる、既存のグループを選択するか、新しい静的グループを作成できます。

4.初期インストーラー設定(任意) - 設定ポリシーをESET Managementエージェントに適用する場合に、このオプションを使用します。エージェント設定(任意)の下の選択をクリックして、使用可能なポリシーのリストから選択します。定義済みのポリシーのいずれも適さない場合は、新しいポリシーを作成するか、既存のポリシーをカスタマイズできます。

5.サーバーホスト名(任意) - ESET PROTECTサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。必要に応じて、ポート番号を指定できます(既定は2222)。

6.HTTPプロキシ設定を有効にするチェックボックスを選択し、プロキシ設定(ホストポートユーザー名パスワード)を指定して、プロキシ経由でインストーラーをダウンロードします。また、ESET Managementエージェント接続をプロキシに設定し、ESET ManagementエージェントとESET PROTECTサーバーとの間の通信転送を可能にします。 プロキシの詳細については、こちらをお読みください。

important

重要

エージェントとESET PROTECTサーバー間の通信プロトコルは、認証をサポートしません。ESET PROTECTサーバーへのエージェント通信の転送で使用されるプロキシソリューションと必要な認証は動作しません。

このフォールバックオプションを許可する場合は、HTTPプロキシが使用可能な場合は直接接続を使用するを有効にします。

7.完了を選択すると、install_config.iniファイルの新しいポップアップウィンドウが開きます。ファイルの保存を選択します。

次の該当するリンクをクリックし、2つの一般的なESET Managementエージェント展開方法に関する段階的な手順を確認します。

1.グループポリシーオブジェクト(GPO)を使用したESET Managementエージェントの展開 - 言語によっては、ナレッジベース記事が提供されていない場合があります。

2.System Center Configuration Manager (SCCM)を使用したESET Managementエージェントの展開