APN/ABM証明書

APN (Apple Push Notification)/ABM (Apple Business Manager)証明書はESET PROTECT MDM for iOSデバイス登録で使用されます。Apple社が提供したプッシュ証明書を作成し、iOSデバイスをESET PROTECTに登録するにはApple社の署名を付ける必要があります。またに有効なESET PROTECTライセンスがあることを確認します。

[詳細]タブ > [ピア証明書]をクリックし、[新規]をクリックしてから、[APN/ABM証明書]を選択します。

note

注意

APN証明書を取得するには、Apple IDが必要です。このIDはAppleが証明書に署名するために必要です。

APN証明書には1年間の有効期間があります。証明書の有効期限が近い場合は、以下の手順と証明書パート手順2に従い、更新を選択します。

ABM登録トークンを取得するには、Apple ABMアカウントが必要です。

要求の作成

証明書属性(国コード、組織名など)を指定し、[要求の送信]をクリックします。

APN_certificate

ダウンロード

CSR(証明書署名要求)と秘密鍵をダウンロードします。

APN_certificate_download

証明書

1.Apple Push Certificates Portalを開き、Apple IDを使用してログインします。

2.証明書の作成をクリックします。

3.備考(任意)を入力します。[ファイルの選択]をクリックし、前の手順でダウンロードしたCSRファイルをアップロードして、[アップロード]をクリックします。

4.しばらくすると、新しい確認画面に、ESET Mobile Device ManagementサーバーのAPNS証明書が正常に作成されたことを示す通知が表示されます。

5.ダウンロードをクリックして、.pemファイルをコンピューターに保存します。

6.Apple Push Certificateポータルを閉じ、以下のアップロードセクションに進みます。

APN_certificate_certificate

important

重要

APNS証明書はABMおよび非ABM MDCポリシーの両方で必要です。

ABM登録証明書を作成している場合は、ここで続行します。

apns_cert

アップロード

上記のすべての手順が完了したら、MDCのポリシーを作成し、iOS登録のためのAPNSを有効にします任意のiOSデバイスを登録できます。デバイスのブラウザからhttps://<mdmcore>:<enrollmentport>/unique_enrollment_tokenにアクセスします。

APN_certificate_upload