クライアントタスクトリガー

トリガーを実行するには、クライアントタスクに割り当てる必要があります。あるいは、グループまたはコンピューターへのクライアントタスクの割り当てができます。

トリガーを定義するには、クライアントタスクが実行されるターゲットコンピューターまたはグループを選択します。対象を選択し、トリガー条件を設定して、特定の時刻またはイベントにタスクを実行します。また、詳細設定 - 調整を使用して、必要に応じてトリガーを微調整できます。

基本

説明トリガーの基本情報を入力し、[ターゲット]をクリックします。

対象

[対象]ウィンドウでは、このタスクの受信者であるクライアント(個別のコンピューターまたはグループ)を指定できます。

[グループの追加]をクリックすると、すべての静的および動的グループと、そのメンバーが表示され、デバイスを選択します。

[グループの追加]をクリックすると、すべての静的および動的グループと、そのメンバーが表示され、グループを選択ます。

admin_assign_policy_to_client01

選択後、[OK]をクリックし、トリガーセクションに移動します。

トリガー

タスクをトリガーするイベントを決定します。

即時実行 - クライアントがESET PROTECTサーバーに接続し、タスクを受信したらすぐにタスクを実行します。有効期限までにタスクを実行できない場合は、タスクはキューから削除されます。タスクは削除されませんが、実行もされません。

スケジュール - 選択した時間にタスクを実行します。

イベントログトリガー - ここで指定したイベントに基づいてタスクを実行します。このトリガーは、特定のイベントがログで発生したときに呼び出されます。タスクをトリガーするログタイプ論理演算子、およびフィルタリング条件を定義します。

結合された動的グループトリガー - このトリガーは、クライアントがターゲットオプションで選択された動的グループを結合するときに実行されます。静的グループまたは個別のクライアントが選択されると、このオプションは使用できません。

CRON式 - CRON式を使用して、トリガー間隔を設定できます。

note

注意

トリガーの詳細については、タスクトリガーの種類の章を参照してください。

詳細設定 - 調整

イベントログトリガー結合された動的グループトリガー (上記を参照)など、頻繁に発生するイベントでタスクがトリガーされる場合に、タスクの実行を制限するために調整が使用されます。詳細については、詳細設定 - 調整の章を参照してください。

このタスクの受信者とタスクを実行するトリガーを定義したら、[完了]をクリックします。