タスク

タスクを使用して、ESET PROTECTサーバー、クライアントコンピューター、およびESET製品を管理できます。タスクは日常的なジョブを自動化できます。最も一般的なシナリオに対応する定義済みのタスクがあります。あるいは、特定の設定を使用してカスタムクライアントタスクを作成できます。タスクを使用して、クライアントコンピューターからアクションを要求します。クライアントタスクを正常に実行するには、タスクとタスクが使用するオブジェクト(デバイス)に対する十分なアクセス権が必要です。アクセス権の詳細については、権限の一覧を参照してください。

次の2つの主なタスクカテゴリがあります。クライアントタスクサーバータスク

グループまたは個別のコンピューターにクライアントタスクを割り当てることができます。作成すると、トリガーを使用してタスクが実行されます。クライアントタスクには、別のトリガーを設定することもできます。クライアントタスクは、クライアントESET ManagementエージェントがESET PROTECTサーバーに接続するときにクライアントに配信されます。同じ理由から、タスク実行結果がESET PROTECTサーバーに通信されるまでに時間がかかることがあります。ESET Managementエージェント接続間隔を管理し、タスク実行時間を下げることができます。

サーバータスクは、サーバーまたは他のデバイスでESET PROTECTサーバーによって実行されます。サーバータスクを、特定のクライアントまたはクライアントグループに割り当てることはできません。各サーバーは1つのトリガーのみを設定できます。さまざまなイベントでタスクを実行する必要がある場合は、各トリガーに個別のサーバータスクが必要です。

次の2つの方法で、新しいタスクを作成できます。

新規 >add_new_defaultクライアントタスクまたはadd_new_defaultサーバータスクをクリックします。

左側で任意のタスクタイプを選択し、新規 > add_new_defaultクライアントタスクまたはadd_new_defaultサーバータスクをクリックします。

必要に応じて、次の定義済みタスクを使用できます(各タスクカテゴリにはタスクタイプが含まれます)。

hmtoggle_plus1 すべてのタスク