アップデートタスクの作成方法

アップデートを手動で開始するには、メインメニューの[アップデート]をクリックした後に表示されるプライマリウィンドウで、[ウイルス定義データベースのアップデート]をクリックします。

アップデートはスケジュールされたタスクとしても実行できます。スケジュールされたタスクを設定するには、[ツール] > [スケジューラ]をクリックします。ESET Smart Securityでは、次のタスクが既定で有効になっています。

定期的に自動アップデート
ダイヤルアップ接続後に自動アップデート
ユーザーログオン後に自動アップデート

各アップデートタスクは、ユーザーのニーズに合わせて変更することができます。ユーザーは、既定のアップデートタスクとは別に、ユーザー定義の設定で新しいアップデートタスクを作成することができます。アップデートタスクの作成と設定の詳細については、「スケジューラ」を参照してください。