ThreatSenseエンジンのパラメーターの設定

ThreatSenseは、ウイルスを検出する多数の複雑な方法から構成される技術です。この技術は事前対応型なので、新しいウイルスが広がる初期の段階でも保護することができます。この技術では、システムのセキュリティを大幅に強化するために連携して動作するコード分析、コードエミュレーション、汎用シグネチャ、ウイルスシグネチャを組み合わせて使用します。検査エンジンは、複数のデータストリームを同時に検査して、最大限の効率および検出率を確保することができます。また、ThreatSense技術によってルートキットを除去することもできます。

ThreatSenseエンジンの設定オプションを使用すると、ユーザーはさまざまな検査パラメーターを指定することができます。

検査するファイルの種類および拡張子
さまざまな検出方法の組み合わせ
駆除のレベルなど

設定ウィンドウにアクセスするには、ThreatSense技術を使用する任意の機能(下記を参照)の詳細設定ウィンドウにある[設定...]をクリックします。セキュリティシナリオごとに異なる設定が必要になることがあります。これを念頭に、ThreatSenseは、次の保護モジュールについて個々に設定することができます。

リアルタイムファイルシステム保護
ドキュメント保護
電子メールクライアント保護
Webアクセス保護
コンピュータの検査

ThreatSenseのパラメーターは機能ごとに高度に最適化されているので、パラメーターを変更すると、システムの動作に大きく影響することがあります。たとえば、常にランタイム圧縮形式をスキャンするようにパラメーターを変更したり、リアルタイムファイル保護機能のアドバンスドヒューリスティックを有効にすると、システムの処理速度が低下することがあります(通常は、新しく作成されたファイルのみがこれらの方法を使用してスキャンされます)。コンピュータの検査を除く全ての機能について、ThreatSenseの既定のパラメーターを変更しないことをお勧めします。