リアルタイム保護が機能しない場合の解決方法

この章では、リアルタイム保護使用時に発生することがあるトラブル、およびその解決方法について説明します。

リアルタイム保護が無効である

ユーザーが不注意にリアルタイムファイルシステム保護を無効にしてしまった場合、再開する必要があります。リアルタイムファイルシステム保護を再開するには、メインプログラムウィンドウの[設定]に移動し、[コンピューター保護] > [リアルタイムファイルシステム保護]を有効にします。

リアルタイムファイルシステム保護がシステムの起動時に開始しない場合は[リアルタイムファイルシステム保護を自動的に開始する]が無効になっている場合が考えられます。 このオプションを有効にするには、[詳細設定] (F5)に移動し、ウイルス対策 > リアルタイム検査 > リアルタイムファイルシステム保護を自動的に開始するをクリックします。

リアルタイム保護がマルウェアの検出と駆除を行わない場合

コンピュータに他のウイルス対策プログラムがインストールされていないことを確認します。2つのウィルス対策ソフトが同時にインストールされていると、互いに競合することがあります。ESETをインストールする前に、システムから他のウイルス対策プログラムをアンインストールすることをお勧めします。

リアルタイム保護が開始されない

[リアルタイム検査]が有効であるにもかかわらず、リアルタイム保護がシステム起動時に開始されない場合、他のプログラムとの競合が原因であることがあります。この問題を解決するためのサポートについては、ESETのカスタマーサポートにお問い合わせください。