駆除レベル

リアルタイム保護には、3つの駆除レベルがあります([リアルタイム検査]セクションの[THREATSENSEパラメータ設定]ボタンをクリックしてから、[駆除]をクリックすると、駆除レベル設定にアクセスできます)。

駆除なし - 感染しているファイルが自動的に駆除されることはありません。警告ウィンドウが表示され、ユーザーがアクションを選択することができます。このレベルは、ウイルスが発生したときに実行する必要のあるステップを理解している経験豊富なユーザー向けです。

標準的な駆除 - プログラムは、事前定義されたアクション(マルウェアの種類によって異なります)に基づいて、感染ファイルの駆除または削除を自動的に試行します。感染しているファイルの検出と削除は、画面右下隅の通知によって表示されます。適切なアクションを自動的に選択できなかった場合は、ユーザーがその後のアクションを選択することができます。あらかじめ定義されているアクションを実行できなかった場合も同様です。

厳密な駆除 - 全ての感染ファイルが駆除または削除されます。ただし、システムファイルは除きます。感染ファイルを駆除できなかった場合は、アクションの選択を促す警告ウィンドウが表示されます。

警告: 感染しているファイルがアーカイブに含まれている場合、アーカイブの処理方法が2つあります。標準モード(標準的な駆除)では、アーカイブに含まれているすべてのファイルが感染ファイルである場合のみ、アーカイブ全体が削除されます。[厳密な駆除]モードでは、アーカイブに感染ファイルが1つ以上含まれている場合、アーカイブ内の他のファイルのステータスに関係なく、アーカイブが削除されます。