ウイルス

コンピューターウイルスとは、コンピューター上の既存ファイルに事前にまたは後から追加される悪意あるコードのことです。ウイルスは生物学上のウイルスにちなんで名付けられました。同じような手法でコンピューター間に蔓延していくからです。「ウイルス」という用語は、あらゆる種類のマルウェアを意味するかのように誤って使用されることがよくあります。この用法は徐々に敬遠されるようになり、より正確な用語「マルウェア」(悪意のあるソフトウェア)へと次第に言い換えられています。

コンピューターウイルスは、主に実行可能ファイルとドキュメントを攻撃します。コンピューターウイルスの動作を簡単に説明します。ファイルに感染した後で、元のアプリケーションの実行よりも前に、悪意あるコードが呼び出されて実行されます。ウイルスは、ユーザーが書き込み権限を持つすべてのファイルに感染することができます。

コンピューターウイルスの目的と重大さは、多種多様です。ハードディスクからファイルを意図的に削除できるウイルスもあり、このようなウイルスは大変危険です。一方、実質的には被害を及ぼさないウイルスもあります。作成者が単にユーザーを困らせ、自分の技量を誇示することが目的であるに過ぎないものもあります。

コンピューターがウイルスに感染し、駆除できない場合、詳しい検査を実査するためにESETリサーチラボに送ってください。場合によっては、感染したファイルは、駆除不可能であるためクリーンなコピーに置き換える必要があるほどに、改ざんされていることがあります。