ESET LiveGrid®

ThreatSense.Net®高度早期警告システム上に構築されたESET LiveGrid®は、ESETユーザーが世界中で提出したデータを収集し、ESETのリサーチラボに送信します。世界中の不審なサンプルとメタデータを提供することで、ESET LiveGrid®によって、お客様のニーズに即時に対応し、最新の脅威に対するESETの対応力を確保できます。ESETのマルウェア研究者はこの情報を使用して、グローバル脅威の特性とスコープの正確なスナップショットを構築し、適切な目標に集中できるようにします。ESET LiveGrid®データは、自動処理の優先度設定において重要です。

また、レピューテーションシステムを導入し、マルウェア対策ソリューションの全体的な効率を改善します。実行ファイルまたはアーカイブがユーザーのシステム上で検査されているときに、まずハッシュタグがホワイトリストおよびブラックリスト項目のデータベースに対して比較されます。ホワイトリストで検出された場合、検査されたファイルはクリーンと見なされ、今後のスキャン対象から外されるように設定されます。ブラックリストで検出された場合、脅威の特性に応じて適切なアクションが実行されます。一致するものがない場合、ファイルは徹底的に検査されます。この検査の結果に基づいて、ファイルは脅威または脅威以外に分類されます。このアプローチは、スキャンのパフォーマンスに対して大幅に好ましい影響を及ぼします。

このレピュテーションシステムによって、1日に数回更新されるウイルスデータベース経由で署名がユーザーコンピュータに配信される前に、マルウェアサンプルを効果的に検出できます。