キーボードショートカット

ESET SysInspectorで使用できるショートカットキーは、次のとおりです。

[ファイル]

Ctrl+O

既存のログを開きます。

Ctrl+S

作成したログを保存します。

生成

Ctrl+G

コンピューターの標準状態のスナップショットを生成します。

Ctrl+H

機密情報もログ記録できるコンピューターの状態のスナップショットを生成します。

項目のフィルタリング

1, O

良好、リスクレベル1~9の項目が表示されます。

2

良好、リスクレベル2~9の項目が表示されます。

3

良好、リスクレベル3~9の項目が表示されます。

4, U

不明、リスクレベル4~9の項目が表示されます。

5

不明、リスクレベル5~9の項目が表示されます。

6

不明、リスクレベル6~9の項目が表示されます。

7, B

危険、リスクレベル7~9の項目が表示されます。

8

危険、リスクレベル8~9の項目が表示されます。

9

危険、リスクレベル9の項目が表示されます。

-

リスクレベルを下げます。

+

リスクレベルを上げます。

Ctrl+9

フィルタリングモード、同等以上のレベル

Ctrl+0

フィルタリングモード、同等レベルのみ

表示

Ctrl+5

ベンダーによる表示、全てのベンダー

Ctrl+6

ベンダーによる表示、Microsoftのみ

Ctrl+7

ベンダーによる表示、他の全てのベンダー

Ctrl+3

完全な詳細を表示します。

Ctrl+2

中程度の詳細を表示します。

Ctrl+1

基本的な表示です。

BackSpace

1ステップ戻ります。

Space

1ステップ進みます。

Ctrl+W

ツリーを展開します。

Ctrl+Q

ツリーを折りたたみます。

その他のコントロール

Ctrl+T

検索結果で選択した後、項目の元の場所に移動します。

Ctrl+P

項目についての基本情報を表示します。

Ctrl+A

項目についての完全情報を表示します。

Ctrl+C

現在の項目のツリーをコピーします。

Ctrl+X

項目をコピーします。

Ctrl+B

選択したファイルについての情報をインターネット上で検索します。

Ctrl+L

選択したファイルが格納されているフォルダーを開きます。

Ctrl+R

該当するエントリーをレジストリーエディターで開きます。

Ctrl+Z

ファイルまでのパスをコピーします(項目がファイルに関連付けられている場合)。

Ctrl+F

検索フィールドに切り替えます。

Ctrl+D

検索結果を閉じます。

Ctrl+E

サービススクリプトを実行します。

比較

Ctrl+Alt+O

比較元と比較先のログを開きます。

Ctrl+Alt+R

比較を取り消します。

Ctrl+Alt+1

全ての項目を表示します。

Ctrl+Alt+2

追加された項目のみを表示します。ログには現在のログにある項目が表示されます。

Ctrl+Alt+3

削除された項目のみを表示します。ログには前回のログにある項目が表示されます。

Ctrl+Alt+4

置き換えられた項目のみを表示します(ファイルも含まれます)。

Ctrl+Alt+5

ログ間の相違のみを表示します。

Ctrl+Alt+C

比較結果を表示します。

Ctrl+Alt+N

現在のログを表示します。

Ctrl+Alt+P

前回のログを開きます。

その他

F1

ヘルプを表示します。

Alt+F4

プログラムを閉じます。

Alt+Shift+F4

確認せずにプログラムを閉じます。

Ctrl+I

統計をログに記録します。