比較

比較機能を使用すると、ユーザーは既存の2つのログを比較できます。この機能により、両方のログで共通していない一連のアイテムが表示されます。システムの変更を追跡するには、この機能が適しています。これは、悪意のあるコードを検出するのに有用なツールです。

起動後、新しいログが作成され、新しいウィンドウに表示されます。[ファイル] > [ログの保存]をクリックして、ログをファイルに保存します。これで、ログファイルを後で開いて表示できるようになります。既存のログを開くには、[ファイル] > [ログを開く]をクリックします。ESET SysInspectorのメインプログラムウィンドウで一度に表示できるログは1つです。

2つのログの比較には、現在アクティブなログと、ファイルに保存されているログを表示できるという利点があります。ログを比較するには、[ファイル] > [ログの比較]をクリックし、[ファイルの選択]を選択します。プログラムのメインウィンドウで、選択したログがアクティブなログと比較されます。比較ログには、2つのログの相違のみが表示されます。

注意: 2つのログファイルを比較する場合は、[ファイル] > [ログの保存]をクリックし、ログをZIPファイルとして保存します。これで、両方のファイルが保存されます。後でそのファイルを開くと、保存されているログが自動的に比較されます。

表示されたアイテムの横に、比較対象のログの相違を示す記号がESET SysInspectorによって表示されます。

項目の横に表示される全ての記号について次に説明します。

SINSP_COMP_ICONS_ADDED 以前のログには存在しない新しい値
SINSP_COMP_ICONS_ADDED_IN_BRANCH 新しい値を含むツリー構造セクション
SINSP_COMP_ICONS_REMOVED 以前のログにのみ存在する、削除された値
SINSP_COMP_ICONS_REMOVED_IN_BRANCH 削除された値を含むツリー構造セクション
SINSP_COMP_ICONS_REPLACED 変更されている値/ファイル
SINSP_COMP_ICONS_REPLACED_IN_BRANCH 変更された値/ファイルを含むツリー構造セクション
SINSP_COMP_ICONS_GOT_LOWER リスクレベルが、以前のログよりも低下している
SINSP_COMP_ICONS_GOT_HIGHER リスクレベルが、以前のログよりも上昇している

左下隅に表示される説明セクションでは、全ての記号が説明され、比較対象のログの名前も表示されます。

SINSP_COMP_BAR

比較ログはいずれもファイルに保存して、後で開くことができます。

システムに関する初期情報を記録したログを生成して、previous.xmlという名前のファイルに保存します。システムに変更を行った後、ESET SysInspectorを開いて、新しいログを生成します。current.xmlという名前のファイルにログを保存します。

これら2つのログの相違を追跡するには、[ファイル] > [ログの比較]をクリックします。2つのログの相違を示した比較ログが作成されます。

次のコマンドラインオプションを使用した場合も同様の結果が得られます。

SysIsnpector.exe current.xml previous.xml