望ましくない可能性があるアプリケーション

望ましくない可能性があるアプリケーションは、アドウエアを含んだり、ツールバーをインストールしたり、その他の不明確なオブジェクトを含んだりするプログラムです。場合によっては、ユーザーが、リスクよりも望ましくない可能性があるアプリケーションを使用する利点があると感じることがあります。このため、このようなアプリケーションには、トロイの木馬やワームなどの他のタイプの悪意のあるソフトウェアと比べ、低いリスクのカテゴリが割り当てられています。

警告 - 潜在的な脅威が検出されました
望ましくない可能性があるアプリケーション - 設定
望ましくない可能性があるアプリケーション - ソフトウェアラッパー

警告 - 潜在的な脅威が検出されました

望ましくない可能性があるアプリケーションが検出されたら、実行するアクションを決定できます。

1.駆除/切断:アクションを終了し、システムに侵入する潜在的な脅威を防止します。
2.無視:このオプションでは、潜在的な脅威がシステムに入るのを許可します。
3.今後中断せずにコンピューターでアプリケーションを実行できるようにするには、詳細オプションをクリックし、検出から除外の横にあるチェックボックスをオンにします。

PUA_INTERACTIVE

望ましくない可能性があるアプリケーションが検出され、駆除できない場合は、画面の右下に[アドレスがブロックされました]通知ウィンドウが表示されます。このイベントの詳細については、メインメニューからツール > その他のツール > ログファイル > フィルタリングされたWebサイトに移動します。

PUA_NOTIFICATION

望ましくない可能性があるアプリケーション - 設定

ESET製品をインストールするときには、次のように、望ましくない可能性があるアプリケーションの検出を有効にするかどうかを決定できます。

INSTALLATION_DETECTION

MONITOR_RED 望ましくない可能性があるアプリケーションは、アドウェア、ツールバーをインストールしたり、他の望ましくない危険なプログラム機能を含んでいたりすることがあります。

これらの設定は、いつでも、プログラム設定で修正できます。望ましくない、危険、または不審なアプリケーションの検出を有効または無効にするには、次の手順に従ってください。

1.ESET製品を開きます。ESET製品を開く方法 (ESETナレッジベース:英語)
2.F5キーを押して、詳細設定にアクセスします。
3.ウイルス対策をクリックして、望ましくない可能性があるアプリケーションの検出を有効にする危険な可能性があるアプリケーションの検出を有効にする不審なアプリケーションの検出を有効にするから任意のオプションを有効または無効にします。OKをクリックして確認します。

CONFIG_ANTIVIRUS

望ましくない可能性があるアプリケーション - ソフトウェアラッパー

ソフトウェアラッパーは、特別なタイプのアプリケーション修正で、ファイルホスティングWebサイトの一部で使用されます。これは、ダウンロードするつもりのプログラムをインストールするサードパーティ製のツールですが、ツールバーやアドウェアなどの追加ソフトウェアもインスト-ルします。追加されたソフトウェアは、Webブラウザのホームページや検索設定を変更する場合があります。また、多くの場合、ファイルホスティングWebサイトはソフトウェアベンダーやダウンロード受信者に、修正が行われたことを通知しないため、簡単に修正をオプトアウトできません。このため、ESETはソフトウェアラッパーを望ましくない可能性があるアプリケーションのタイプに分類しています。ユーザーはダウンロードするかどうかを決定できます。

IDSと詳細オプションに関する最新のヘルプは、ESETナレッジベース(英語)の記事を参照してください。