自動スタートアップファイルのチェック

システム起動時のファイルチェックスケジュールタスクを作成するときに、次のパラメータを調整するいくつかのオプションがあります。

検査レベルドロップダウンメニューでは、秘密の高度なアルゴリズムに基づくシステムの起動時のファイルの検査レベルを指定します。ファイルは次の基準に従って降順で整理されます。

すべての登録ファイル (検査対象のファイル数は最多)
使用頻度が低いファイル
検査レベル
使用頻度が高いファイル
最も使用頻度が高いファイルのみ (検査対象のファイル数は最小)

次の2つの検査レベルグループも含まれます。

ユーザーのログオン前に実行されるファイル - ユーザーがログオンしていない状態でアクセスできる場所のファイルが含まれます(サービス、ブラウザヘルパーオブジェクト、Winlogon通知、Windowsスケジューラのエントリ、既知のdllといったスタートアップの場所にあるすべてのファイル)。
ユーザーのログオン後に実行されるファイル - ユーザーがログオンした後にのみアクセスできる場所にあるファイル(特定のユーザーだけが実行するファイル、通常はHKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Runにあるファイル)が含まれます。

検査対象のファイルのリストは、上記の各グループごとに固定されます。

検査の優先度 - 以下のとおりの、検査をいつ開始するかを決定するために使用する優先度レベル。

アイドル時 - システムのアイドル時にのみタスクが実行されます。
ミニダンプ - システム負荷が可能なかぎり低い場合
- システム負荷は低い
通常 - システム負荷は平均的