カスタム検査起動ツール

ディスクスペース全体ではなく個別の対象のみを検査する場合は、カスタム検査ツールを使用できます。そのためには、[コンピュータの検査] > [カスタム検査]をクリックし、[検査の対象]ドロップダウンメニューからオプションを選択するか、ツリー構造から個別の対象を選択します。

[検査の対象]ウィンドウでは、マルウェアがないかどうかを検査する対象(メモリ、ドライブ、セクタ、ファイルとフォルダ)を定義することができます。コンピューター上で使用できる全てのフォルダーを表示しているツリー構造から対象を選択します。[検査の対象]ドロップダウンメニューでは、事前定義されている次の検査対象を選択できます。

プロファイル設定に依存- 選択された検査プロファイルに設定されている対象を選択します。
リムーバブルメディア - フロッピーディスク、USB記憶装置、CD/DVDを選択します。
ローカルドライブ - システムハードディスクをすべて選択します。
ネットワークドライブ - マッピングされたネットワークドライブをすべて選択します。
選択肢なし - すべての選択をキャンセルします。

検査対象(フォルダまたはファイル)にすばやく移動したり、任意の対象を直接追加するには、フォルダリストの下の空白のフィールドに対象を入力します。これが可能なのは、ツリー構造内で対象を選択しておらず、[検査の対象]メニューに[選択肢なし]が設定されている場合のみです。

SCAN_CUSTOM

感染しているアイテムが自動的に駆除されることはありません。[駆除せずに検査する]を使用すると、現在の保護の状態の概要が表示されます。システムの検査で追加の駆除アクションを実行する必要がない場合は、[駆除せずに検査する]を選択します。さらに、[設定...]> [駆除]をクリックして、3種類の駆除レベルから選択できます。スキャンに関する情報は、スキャンログに保存されます。

除外を無視を選択すると、以前スキャンから除外された拡張子を持つファイルも、例外なくスキャンされます。

選択した対象の検査に使用するプロファイルを、[検査プロファイル]ドロップダウンメニューから選択できます。既定のプロファイルは[コンピュータの検査]です。さらに、[詳細検査]および[コンテキストメニュー検査]という2つの事前定義された検査プロファイルがあります。これらの検査プロファイルでは、さまざまなThreatSenseパラメータを使用します。検査プロファイルメニューから選択した検査プロファイルを詳細に設定するには、[設定...]をクリックします。[その他]セクションで使用可能なオプションについては、ThreatSenseパラメータを参照してください。

フォルダツリー構造内で行われた選択など、対象の選択に対する変更を保存するには、[保存]をクリックします。

設定したカスタムパラメータを使用して検査を実行するには、[検査]をクリックします。

[管理者として検査]を使用すると、管理者アカウントで検査を実行できます。検査対象のファイルにアクセスするための権限がないユーザーでログインしている場合は、これをクリックします。現在ログインしているユーザーが管理者としてユーザアカウント制御を呼び出せない場合、このボタンは使用できません。