ブラックリスト/ホワイトリスト/除外リスト

受信者側が送信を要求していないメールからの保護を実現するために、ESET Smart Securityでは電子メールアドレスを専用のリストに分類することができます。ホワイトリストには安全と見なされた電子メールアドレスが格納されます。ホワイトリストにあるユーザーからのメールは、常に受信メールフォルダで参照することができます。ブラックリストには、迷惑メールとして分類された電子メールアドレスが格納され、ブラックリストにある送信元からのメッセージはすべて、迷惑メールとしてマークされます。除外リストには、常に迷惑メールかどうかのチェックの対象となる電子メールアドレスが格納されますが、迷惑メールではないように偽装した未承諾メールメッセージのアドレスが格納されることもあります。

すべてのリストは、ESET Smart Securityのメインウィンドウで[設定] > [Webとメール] > [電子メールクライアント保護] > [ユーザーのホワイトリスト/ユーザーのブラックリスト/ユーザーの例外リスト]から、各リストのダイアログウィンドウにある[追加]、[編集]、および[削除]ボタンをクリックして編集できます。

PANEL_SMON_EDIT_WLBL

既定では、ESET Smart Securityで、サポートされる電子メールクライアントのアドレス帳のすべてのアドレスがホワイトリストに追加されます。既定では、ブラックリストは空です。既定では、ユーザー自身の電子メールアドレスだけが除外リストに格納されます。